へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防災-知っておきたい いざという場合の備え症状 病気

防災-知っておきたい いざという場合の備え■[1]1週間分の水と食糧 [2]簡易お手洗い [3]常備薬や眼鏡?めて歯

 きょう9月1昼間の時間は防災の昼間の時間。もしものときに備え、不可欠なグッズの用意を見届けているだろうか。災害時には、被災地への返事術が寸断される恐れもある。その際には災害用伝言ダイヤルなどで自宅族や知り合いの安否を知ることができる。地震の際に最低限不可欠な物や安否確認の手立てなどをまとめた。(森本昌彦)

[図で見る]災害用伝言ダイヤルの基本制御法

 ◆貴重気品とともに

 「命を守る意風味で、物があるかないかで救われる命と救われない命があります」。防災や防犯に関する教育を提唱しているピンチ管理教育探求所(横浜市中区)代表の国崎信江さんは普段からの用意の不可欠性を強調する。

 大地震で被災者が多くなれば、それだけ同じ物を追求する人が増える。すぐに手にめてばよいが、入らない時もある。迅速に手当てをしないと命が脅かされる割合もある。その意風味で普段からの用意が不可欠なのだという。

 とはいえ、防災グッズが引かれた緊急持ち出し袋を用意するのはお手数くさいという人もいるだろう。そんな人に国崎さんは「被災したときに何を持っていきたいかというと、資金など貴重気品の引かれたカバンです。そのカバンにペンライトやラジオ、ポケットお手洗いなどをめてておけば、万一のときにも備えられる」と薦める。

 さらに地震の際に最低限不可欠な物として、国崎さんは(1)少なくとも1週間分の食料と水(2)簡易お手洗い(3)常備薬や自分に合ったメガネやめて歯など第三者が配給してくれないもの-を挙げる。普段はなかなか意識することのない災害だが、国崎さんは「地震国である昼間の時間本に住んでいる以上、打撃はいつかやってくるという意識を持ってもらいたい」と意識改革を告訴する。

 ◆「171」で確認

 物の用意とともに知っておきたいのが、安否確認の術だ。大きな災害時には被災地に電話が殺到し、つながりにくく入る状況が見当される。

 このため、NTTは震度6弱以上の地震などの際、被災地にいる自宅族や知り合いの安否確認などを行う「災害用伝言ダイヤル」サービスを提供している。

 近頃では7月16~21昼間の時間の九州、中国、四国、岐阜県での集中豪雨の際に設けられた。加入電話や公衆電話のほか、持ち運び電話やPHSからでも利用できる。しかし、持ち運び電話やPHSは機類によっては使えないこともあり、契約している通信事業者に確認する不可欠がある。

 持ち運び電話、PHSのウェブ機能を活用した災害用伝言板サービスもある。被災地にいる人は自身の安否情報を伝言板に入力し、登録。自宅族や知り合いは安否を知りたい人の持ち運び電話ナンバーで検索し、状況を確認できる。以前は向こうが利用している通信事業者が分からないと各社の伝言板を検索することが不可欠だったが、今年3月からは5社の伝言板に登録された安否情報を一括検索できるようになった。

 災害用伝言ダイヤル、持ち運び電話による災害用伝言板のいずれも防災週間(8月30昼間の時間~9月5昼間の時間)などに経験サービスを実施している。いざというときに戸惑わないよう、一度は利用して慣れておくと良いだろう。

                   ◇

 ◆楽しく学ぶイベントも

 防災の昼間の時間の前後には、防災意識を高めたり、知恵を学べるイベントが各地で開かれている。近年では、若いファミリー層向けにゲーム感覚で楽しみながら、消火や救護ノウハウを身につけるイベントも実施されている。

 平成17年に神戸市で始まった「イザ!カエルキャラバン!」は、防災本職グラムを経験してたまるポイントを使い、おもちゃ競売に参加できる。8月28、29昼間の時間に横浜市鶴見区の東京ガス環境界エネルギー館で開催され、多くの自宅族連れが参加した。こうしたイベントで防災知恵を学ぶのも一つの手だろう。



昼夜10倍差人口…都市は地域別に防災予定を 大阪市大?副学長
アベイラス「高輝度蓄光式避難誘導板」 災害時に威力 環境界も心遣い
観光?防犯?防災…名瀑「箕面大滝」に一石三鳥の監視カメラ
“大地震起きる”予言の余波…防災意識、一気に高まる!?
紙の本は時代遅れ? 書籍をめぐる攻防を調べる

防災-知っておきたい いざという場合の備え[??:内容2]

防災-知っておきたい いざという場合の備え[??:内容3]

防災-知っておきたい いざという場合の備え[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。