へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州マーケットサマリー(15昼間の時間)症状 病気

欧州マーケットサマリー(15昼間の時間)1310GMT      14昼間の場合間大詰め

ユーロ/ドル    1.2873      1.2740

ドル/円      87.620       88.440

ユーロ/円 112.82      112.69

              15昼間の場合間終値      前営業昼間の場合間終値

株 FT100 5211.29(‐42.23)  5253.52

  クセトラDAX     6149.36(‐60.40)   6209.76

金 現物午後値決め 1208.00    1207.00

              先物    現物利回り

3カ月物ユーロ(9月限)  98.980 (‐0.025)  0.365(0.320)

独連邦債2年物 0.788(0.775)

独連邦債10年物(9月限) 128.73 (+0.01) 2.658(2.657)

独連邦債30年物   3.332(3.330)

 <為替> ドルがユーロと主要通貨バスケットに対して下落し、2カ月ぶり安値をつけた。朝方公表された6月の米卸売物価指数(PPI)や7月のNY州製造業業況指数が弱い内容となったことを浴び、米経済の強さに対する心配が高まった。

 <株式> ロンドン株式マーケットはこの昼間の場合間公表された一連の米経済指標が思わしくなかったことから経済発育への心配が高まり、続落して終了した。特に危険動きに左右されやすい銀行株と気品物関連株が売られた。

 この昼間の場合間公表された米経済統計では、6月の卸売物価総合指数が前月比で3カ月連続で低下。また米フィラデルフィア地区連銀が公表した7月の製造業業況指数は見当世間に低下し、米ニューヨーク連銀が公表した7月のニューヨーク州製造業業況指数は2009年12月以来の低レべルとなった。

 この昼間の場合間はまた、米JPモルガン?チェース(JPM)<JPM.N>が第2?四半期決算を公表。見当を上回ったものの、マーケットへの影響は軽微だった。

 シティ?インデックスのニック?サーフ氏は、順調な企業業績の公表は織り込まれていたとの見方を示した上で、「順調な決算よりも、経済指標がマーケットの注目を集めた」と述べた。

 銀行株では、パブクレイズ<BARC.L>が4.2%下落。鉱山関連株では、ユーラシアン?ナチュラル?リソーシズ<ENRC.L>が3.5%安。ドイツ銀行が夢株価を引き下げたリオ?ティント<RIO.L>は3.3%下落して引けた。

 一方、BP<BP.L>は0.2%上昇。同社は米メキシコ湾の原油流出口に新たにキャップを設置したが、延期されていた同キャップの検証作業を15昼間の場合間に開始すると公表した。 

 欧州株式マーケットは続落。7月の米フィラデルフィア連銀業況指数などがさえない内容と入るなか、景気減速心配がマーケットを圧迫し、米JPモルガン?チェース<JPM.N>の決算を浴びた企業業績への期待感を打ち消した。

 FTSEユーロファースト300類指数は11.55ポイント(1.11%)安の1033.56。1昼間の場合間としては7月1昼間の場合間以来の大幅な下落率となった。

 DJユーロSTOXX50類指数は36.15ポイント(1.32%)安の2702.81。

 クロース?ブラザーズ?セイドラー?バンク(フランクフルト)のヘッドトレーダー、オリパブ?ロス氏は「マクロ経済をめぐる心配は現在たいそう強く、企業の好決算も相場を押し上げるに至っていない」と述べた。

 銀行株は軟調。JPモルガン?チェースの決算を浴びて一場合値を上げる場面もあった。パブクレイズ<BARC.L>、BNPパリバ<BNPP.PA>、ドイツ銀行<DBKGn.DE>が2.5―4.2%下落した。

 一方、ギリシャ銀行株は6.5%急伸。ギリシャのピラエウス銀行<BOPr.AT>が、国営のギリシャ農業銀行<AGBr.AT>とヘレニック?椅子銀行<GPSr.AT>に買収を提示したことを浴び、銀行業界再編への期待が高まった。

 スウェーデンのベアリングメーカー、SKF<SKFb.ST>は4.8%下落。見当を超える第2?四半期決算を公表する一方、欧州の需要視界を引き下げたほか、アジアの発育が減速しているとの見方を示した。

 英医薬気品大手グラクソ?ス手落ちクライン<GSK.L>は1.8%高。糖尿病治しています薬「アバンディア」に対し、米食気品医薬気品局(FDA)の専門自宅集まりが条件付での販売維持を同意する勧告をまとめた。

 無料、アバンディアなどをめぐる訴訟経費として第2?四半期に15億7000万ポンド(24億ドル)を計上する見込みであることが嫌気され、上値は限られた。   

 <ユーロ圏債券> 独連邦債が一場合の下落から値を吐いた。この昼間の場合間公表された一連の米指標がさえない内容と入るなか、安全財産が買い戻された。

 米指標では、7月のフィラデルフィア連銀業況指数はプラス5.1と前月のプラス8.0から見当世間の低下となった。

 米国債の動きが独連邦債よりも強まるなか、10年物の利回り格差は33ベーシスポイント(bp)と前昼間の場合間清算値場合点の44bp付近から縮小、7月初旬以来の低レべルとなった。

 ウエストLBのストラテジスト、ジョン?デービス氏は、この昼間の場合間の動きについて「米国の経済指標が明らかに一段と弱かったことが一定の影響を及ぼした」と指摘した。

 独連邦債先物9月限は一場合3週間ぶり安値をつけたものの、その後値を戻し、結局8ティック高の128.80で清算となった。

 全般的に振れの大きい展開となり、米JPモルガン<JPM.N>の決算公表後にはユーレックスマーケットで独連邦債先物の取引が今週2度目の停止となった。

 あるトレーダーは「JPモルガンの決算公表を前に薄取り引きで、夏季に入り投資自宅は大規模な取引を手迫っている」と述べた。

 独連邦債2年物利回りは0.6bp上昇し0.781%。同10年物利回りは2.646%と横ばいだった。

 この昼間の場合間行われたスペインの15年国債入札は、底堅い需要がみられ、総額30億ユーロの半分以上を海世間投資自宅が購入した。

 平均落札利回りは5.116%で、4月22昼間の場合間に実施された前回の4.43%から上昇。無料、マーケット見当の5.20%近辺は下回るなど、スペイン国債に対する投資自宅の購入意欲がうかがわれた。

 スペイン国債10年物利回りは10bp低下し4.555%。独連邦債との利回り格差も縮小した。



                           [東京 16昼間の場合間 ロイター]


? 欧州フラストレーション試験、国内銀行の適切な資本状況示す視界=イタリア中銀総裁
? 09年の世界的なユーロ選好は概ね安定=ECB
? EU財務相、加盟国の財政監視強化で合意
? ドル88円半ばで堅調、ユーロも底堅い値動き=東京マーケット
? ECB総裁、大手欧州行とフラストレーション試験で協議へ

欧州マーケットサマリー(15昼間の時間)[??:内容2]

欧州マーケットサマリー(15昼間の時間)[??:内容3]

欧州マーケットサマリー(15昼間の時間)[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。