へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護業務実態調査で各職類の意見が衝突症状 病気

看護業務実態調査で各職類の意見が衝突厚生労働省の「チーム医療推進会議」(座長=永井良三?東大大学院教授)は7月16昼間の場合間、保助看法上の取り扱いが不明瞭な医行とばっちりで関する実態調査について、下部組織の「チーム医療推進のための看護業務検討ワーキンググループ(WG)」から報告を浴びた。調査を行う方角では基本的に合意したものの、調査項目をめぐって、委員を務める各医療職の意見が激突場面もあった。同省の探求班では来週に調査を実施し、8月中に結果を取りまとめる視界だ。

 同WGで座長を務める有賀徹委員(昭和大医学部教授)が冒鶏冠、WGの検討状況を報告した。実態調査については、病院や診療所などで働く医師、看護師合発言させて約8万人に対し、保助看法上で「グレーゾーン」とされる看護業務に関して、現在と将来の実施者を返答してもらうほか、看護師に対しては、薬剤師や診療放射線技師など他職類との関係についても質問。調査項目は、急性期の医療処置186項目、慢性期の医療処置181項目、そして他職類に関する業務14項目で、返答はインターネット上で可能とした。

 議論の口火を切ったのは、北村善明委員(昼間の場合間本放射線技師会会長)だった。「他職類に影響する項目が多数含まれている。調査対象が医師、看護師に限られることに憂慮を覚える」と、調査対象の拡大を要望。山本信連れ合い委員(昼間の場合間本薬剤師会副会長)もこれに同調し、調査項目について「(看護師ではなく薬剤師によって)調剤された医薬気品というはっきりした位置付けをお願いしたい」と求めた。一方、半田一登委員(昼間の場合間本理学療法士協会会長)は、「調査項目では、『チーム医療』が何を指すのか未整備のまま使われている」と、調査の在り方に疑わしいを呈した。
 こうした意見に対して有賀委員は、「ここで文言を訂正すると、来年の今ごろになっても何もできないことが十分に心配される」とした上で、「WGとしてはやるだけやる」と語った。

 永井座長は「看護業務だけがチーム医療だとは全然考えていない」とし、調査の実施に理解を追求するとともに、チーム医療については他のWGで検討すると説明。また、「ロープ弾力とかそういうことではない。われわれの仕事は社会から保管している」と述べた。

■「チーム医療推進方策検討WG」の検討項目案をあらまし同意

 厚労省はこの昼間の場合間、同会議が設置した「チーム医療推進方策検討WG」の検討項目について、▽チーム医療の取り組みに関するガイ割り知ってンの策定▽ガイ割り知ってンを活用したチーム医療の普及、推進のための方策▽各医療職の業務範囲と役割の見直しを適場合検討するための仕組みの在り方―などの案を示し、あらましで同意された。委員からは、保助看法上の「療養上の世話」や包括的指示における責任の取り方、チーム医療の教育についても議論すべきとの意見が出所した。同WGは早ければ8月下旬に開かれる計画。



? グレーゾーンの看護業務の実態調査案などあらまし同意―チーム医療推進WG
? 「グレーゾーン」の看護業務で昼間の場合間医が調査実施へ
? 特定看護師モデル事業で4大学院を指定―厚労省
? チーム医療推進協議会が要望書、看護業務拡大の調査で
? 特定看護師不要の調査結果を期待―昼間の場合間医?羽生田副会長

看護業務実態調査で各職類の意見が衝突[??:内容2]

看護業務実態調査で各職類の意見が衝突[??:内容3]

看護業務実態調査で各職類の意見が衝突[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。