へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性飼育員とイルカ、二人三脚で病気克服しショー復帰へ/横浜症状 病気

女性飼育員とイルカ、二人三脚で病気克服しショー復帰へ/横浜横浜?八景島シー楽園(横浜市金沢区)のカマイルカ「ポー」(12歳、雄)が、名物イベント「海の動物たちのショー」に復帰する。調子を両替してから約1年。再び一緒に出演できる昼間の時間を迎えようと、ベテラン飼育員が寄り添ってきた。

 ポーが調子を崩したのは昨年の夏を過ぎたころ。飼育員歴11年の松田朋坊主さん(32)は、ジャンプに切れがなくなり、元気がない表情に気が付いた。血液検査の結果、肝臓の機能が低下していた。

 ショーが行われるアクアスタジアムに隣接するプールで治していますが始まった。ショーに出演した仲間たちが歓声や拍手を受けてぶっり反してくる。晴れステーヅとの間を昼間の時間に再三行き帰りする仲間たちの傍らで、ポーはひたすら治していますの昼間の時間々を継続した。

 松田さんは、ショーを終えるとすぐポーに寄り添った。互いに新米のころから一緒に立派になってきた。「言葉が話せないだけに、しっかりと目をかけてあげたい」

 イワシやホッケなど餌と入る冷凍小魚は、消化しやすいように細かくして与えた。口にチューブを差し込んで真水を飲ませた。獣医師の決断で経口薬ではなく毎昼間の時間のように注射を打った。ポーはこうした治していますに耐え、この春にようやく正常な数値に引き返した。

 復帰に向けたリハビリを兼ねたトレーニングの敷地は、ショーが終わった後のアクアスタジアム。久々の大きなプールに、初っ端は戸惑いを覚えた表情だったという。観客のいない会場で、ポーは松田さんの指示に合発言させて黙々とジャンプを繰り返した。

 復帰昼間の時間は当昼間の時間の調子をみながら決めるという。「信頼関係をはぐくんできたことが回復につながった。ポーと一緒に再びショーに出演できることが今、無うれしい」。松田さんは、ポーが歓声と拍手に包まれる昼間の時間を楽しみにしている。

女性飼育員とイルカ、二人三脚で病気克服しショー復帰へ/横浜[??:内容2]

女性飼育員とイルカ、二人三脚で病気克服しショー復帰へ/横浜[??:内容3]

女性飼育員とイルカ、二人三脚で病気克服しショー復帰へ/横浜[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。