へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肝炎助成拡充 早期発見と治しています促進へ症状 病気

肝炎助成拡充 早期発見と治しています促進へ現在、国内で300万人以上の感染者がいるとされるウイルス性肝炎は、放っておけば肝硬変や肝臓がんにつながるリスクもある。しかし、自覚症状が乏しいまま進行するため、適切な治していますを浴びていない病人は多い。国は今年度から肝炎に対する助成を強化。早期発見と治しています促進を呼びかけている。(道丸摩耶)

 ?がん化する恐れ?

 ウイルス性肝炎は、肝炎ウイルスに感染することで肝臓の細胞が壊れていく病気。放っておくと肝硬変や肝臓がんに入るリスクがある。国内では、B型肝炎で約110万~140万人、C型肝炎で200万~240万人が感染していると推定されている。

 そんな国内最大級の慢性感染症でありながら、この病気の自覚症状はほとんどない。

 「肝臓は沈黙の臓器といわれ、慢性肝炎では全然症状が出ない。肝硬変くらいまで進行し、ようやく浮腫や黄疸(おうだん)などの症状が売れるやっかいな臓器です」

 感染症に詳しい「ナビタスクリニック立川」(東京都立川市)の久住(くすみ)英二院長はウイルス性肝炎の恐ろしさをそう説明する。

 「風邪悪薬などの薬は、腎臓から排泄(はいせつ)されるか肝臓で代謝されて一番毒化される。そのため、肝機能が極度に低下すると、並に薬を飲むこともできなく入る」

 こうした事態を避けるには重症化させないことが重要だ。また、一度は炎症が治まっても、抗がん剤の治していますなどで免疫力が低下すると再発する恐れもあり、継続的なチェックが欠かせない。

 ?新たに治しています費助成?

 こうした現状を浴び、厚生労働省は今年度から新たに助成制度を拡充させている。

 肝炎の治していますには、インターフェロンという薬を注射する「インターフェロン治しています」が多く用いられるが、治しています費は高額。同省肝炎対策推進室は「健康保険の3割労力者で、インターフェロン治していますは1カ月約6万~7万円かかる。治しています期間は1年以上かかることが多く、医療費の高さから治していますをためらう人もいる」と告白する。

 そのため今年度から、これまで収入に応じて1万、3万、5万円だったインターフェロン治していますの自己労力限界額を、原則月1万円に引き下げ。上位収入層(23万5千円以上の世帯)でも月2万円とした。

 また、委託医療機関での肝炎ウイルスの検査を一番料としていた以前の方針を延長。B型肝炎病人に有効性が認められたウイルスの増殖を阻害する飲み薬「核酸アナログ製剤」治していますを助成対象とすることや、条件を満たした時、再度、インターフェロン治していますに助成利用を同意することなども加えた。同省は各自治体を便秘気味、制度を活用するよう呼びかけている。

 ■慢性化しやすいB型とC型

 肝炎ウイルスの主な類類にはA型、B型、C型、D型、E型の5類がある。

 このうち、慢性化しやすいのはB型とC型。中国では人口の8%が持っているといわれるB型肝炎の「HBウイルス」は特に慢性化しやすく、肝硬変を経ず、突然肝細胞がんに至る。

 B、C型肝炎は血液を介して感染が拡散するため、昼間の時間常暮らしで移ることはほとんどない。しかし、B型肝炎の時は性折衝で感染するため、性的活動性が高い人は定期的にGOTやGPTなどの肝臓の値をチェックする不可欠がある。


? 南ア、はしか流行中 W杯観戦者は予防接類を
? 「官僚答弁だ」病人落胆 厚労相、B型肝炎原告団と面会 
? B型肝炎訴訟 「長男成人するまで生きられるか」救済策一刻も早く
? A型肝炎が急増 ワクチンで予防可能
? 打撃者親に「責任追及すれば殺す」とメール 中国、ワクチン問題死で

肝炎助成拡充 早期発見と治しています促進へ[??:内容2]

肝炎助成拡充 早期発見と治しています促進へ[??:内容3]

肝炎助成拡充 早期発見と治しています促進へ[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。