へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【昼間の時間本版コラム】第一三共、アステラスのベンチャー夕イアップして―新薬開発戦略の新たな方角性症状 病気

【昼間の時間本版コラム】第一三共、アステラスのベンチャー夕イアップして―新薬開発戦略の新たな方角性第一三共とアステラスのベンチャー夕イアップして

 7月6昼間の時間付昼間の時間本経済新聞は、昼間の時間本の大手付く薬二社の近頃のベンチャー企業夕イアップして戦略について報じている。報道によると、製薬企業大手の第一三共はバイオベンチャーのイミュノフロンティア(東京都中央区:以下イミュノ社)に出資した。イミュノ社は、がん治しています薬と入るタンパク質を免疫細胞に届きやくする形で治しています効果を上げるノウハウを有し、両社は米国で年内を目途に、卵巣がんワクチンの臨床テストを開始することを計画している。

 第一三共のライバルであるアステラス製薬は、同じくバイオベンチャーのレグイミューン(東京都港区:以下レグ社)のがん関連ノウハウを導入し、2012年にも前立腺がんワクチンの臨床テストを開始する計画である。レグ社のノウハウ領域もイミュノ社と似ており、がん関連たんぱく質をカプセルで包んで患部に届きやすくするものである。アステラスはレグ社への出資も計画している。

 これら二つの事例は、昼間の時間本の大手付く薬企業と国内バイオベンチャーとの夕イアップしてである。ところで、昼間の時間本の製薬企業も従来と変わったものだ。つい5年前までは、昼間の時間本の製薬企業は探求の「自前主義」が強く、ベンチャーと夕イアップしてして世間部からノウハウ入れることに引っ込み思案で有名だった。

バイオ業界が立派になってきたバック

 昼間の時間本企業がベンチャー夕イアップしてに引っ込み思案というのは、ファイザー、ロシュなど欧米の巨大製薬企業(メガファーマと呼ばれる)と比較してのことである。世界のバイオ業界の発育の歴史は「メガファーマとバイオベンチャーとの夕イアップしての歴史」と表現できる。

 酒、ワイン、チーズ、風味噌といった食気品を生産する発酵ノウハウは「オールドバイオ」と呼ばれ、数百年以上の歴史を持つ。これに対して、1973年に米国の探求者によって実用化された「遺伝坊主組み換えノウハウ」とその派生ノウハウや気品物を「ニューバイオ」と呼ぶ。

 ニューバイオを一順番くなって医薬気品と入るたんぱく質を開発しようと初っ端に設立されたバイオベンチャーが、南サンフランシスコのジェネンテックである。1980年代当時、タンパク質を用いて医薬気品を開発するのはノウハウ的に未成熟で、危険が大きい事業とみなされた。また、メガファーマが強かったのは、たんぱく質よりも分坊主量が小さい「低分坊主化合物」という物質を使った医薬気品開発であった。

 結果として、メガファーマは、バイオのようなよく分からない領域に参入せずに、そこはベンチャーに任せて、成果が出所した時だけ自社に入れるという手立てを取ったのである。これに対してベンチャーは、医薬気品開発にかかる数百億円の資金を総て自社で労力することは無茶苦茶である。そこで、少し劣勢な条件でも、ベンチャーはメガファーマに自社ノウハウをライセンスすることを選択した。

 このメガファーマとベンチャーの共存共栄関係が米国のバイオ産業を大きく発育させてきた。両者の間では数えきれない多数の夕イアップしてが結露見してきたが、その象徴はスイスのロシュによるジェネンテックの坊主会社化である。

昼間の時間本の製薬企業の方針転換

 昼間の時間本の製薬企業は欧米のメガファーマと異なり、自前主義が強かった。ところが、2007年を境界に方針転換が始まり、欧米でも驚嘆されるような大型のベンチャー買収が始まった。

 過去3年間の大型ディールを見ると、2007年のエーザイによる米MGファーマの買収(買収金額39億ドル=約3400億円)、2008年の武田薬気品による米ミレニアム?ファーマシューティカルズの買収(同88億ドル)、今年に入ってのアステラス製薬による米OSIファーマシューティカルズの買収(同40億ドル)が代表的なものである。それまでの保守的な姿勢からは想像できない大型の買収ばかりである。

ベンチャー買収の三つのキーワード

 これらの買収には共通するキーワードがある。それは「2010年異常」、「パイプライン」「抗体医薬」の三つである。

 製薬業界の2010年異常とは、2010年を中心に前後数年で特許切れを迎える大型医薬気品が目白押しと入ることである。新薬の特許が切れると後発医薬気品(ジェネリック)がマーケットにあふれ薬価が下がり、新薬を販売する製薬企業の収益に大被害を与える。今年は、エーザイのアリセプト(アルツハイマー病治しています薬)、第一三共のクラビット(感染症治しています薬)などの大型医薬気品の特許が切れる。また、2010年異常は昼間の時間本だけでなく、欧米のメガファーマにも共通の異常だ。

 二順番目のキーワードであるパイプラインとは、自社で持つ新薬候補物質のラインアップのことを指す。新薬開発は臨床テストや当局への申請が伴うので、ともかく時間がかかる。2010年異常を抱える製薬企業は、臨床テストが進んで開発後期のパイプラインを保持つベンチャーを、たとえマーケットの株価よりも高い原価を支払ってでも買収してきた。こうすることによって、新薬開発に要する「時間」を買っているのである。

 三順番目のキーワードの抗体医薬は、買収された企業のパイプラインの中心を占める。抗体とは、体内に侵入したぼい菌などの異物を捕捉して一順番毒化する、後天的に作られるたんぱく質である。例えば、がん細胞の働きを抑制する抗体を人為的にデザインして静脈に注射し、がん細胞を非活性化することができる。抗体医薬はがん、感染症、免疫不全症などを対象として、数多く実用化されている。レミケード(抗炎症薬)、リツキサン(リンパ腫薬)などは数千億円の売り上げがある。

抗体医薬が抱える異常

 現在のバイオ医薬の中心である抗体医薬には、実は重大な実用上の異常点が存在する。それは「原価の壁」である。

 抗体医薬は遺伝坊主組み換えを施したマウスやハムスターの体内で作られ、治していますに使われる。マウスの体内で作られるといっても、できあがった抗体はヒトの遺伝坊主を持つようデザインされている。こういった抗体医薬の生産ノウハウはまさに「特許料の塊」なのである。また、医薬気品として使えるレベルの抗体を生産できる企業の数は世界的に少なく、十分な値段競争が働いていない。

 結果として、抗体医薬による治していますを浴びようと思えば、病人は年間300万円から500万円もの治しています費を払わなければならない。こんな高価な薬を多数認可していると健康保険が破綻するし、米国のような気まま診療の国では、一部のお長者しか治していますを浴びられなく入る。抗体医薬はメロディーがり角を迎えているのである。

抗体医薬に代わるノウハウの探索

 本コラム冒鶏冠の二例の夕イアップしては、異常を抱える抗体医薬に代わる治しています薬を製薬企業が探索していることの表れである。また、抗体医薬は肺がん、坊主宮がんなど症状によって細かい「マーケット」に分かれており、大型マーケットが不可欠な大企業にとって能率が良いとはいえない。この点、第一三共同やアステラスが注目しているガンワクチンは、幅広いマーケットに適応できる割合があり、製薬企業にとって魅力的である。

 これまでも、抗体医薬の代替気品の探求はなされてきた。「低分坊主化抗体」「核酸医薬」「遺伝坊主治しています」などがその例で、新ノウハウが流行するとメガファーマとノウハウを持つベンチャーとの間で大型夕イアップしてが締結された。

 がんワクチンの将来は有望であろうか。

 過去の新ノウハウと同様、コンセプトが優れて良い探求データが出ても、なかなか実用化できないのが医薬気品の世界である。臨床テストにおいて人体で長期間の「実験」をしなければならいので、そのハードルは高い。

 最後に余談に入るが、7月24昼間の時間から「小さな命が呼ぶとき」というハリウッド映画が公開される。ハリソン?フォードとブレンダン?フレーザーの二大スターが共演するが、この映画は、なんとバイオベンチャーが主題である。

 難病を抱える坊主供を持つ父親(フレイザー)が意固地なバイオ探求者(フォード)と組んでバイオベンチャーを設立し、製薬会社に身売りする物語である。ハリウッド映画は「ウォール街」など少数の例世間を除けば、ビジネスを扱った作気品は大半ない。この映画はビジネスの現場が詳細に描かれており、中々見応えがある。因みに、劇場カ夕口グの解説文を私が控えている。ご興風味がある方はどうぞ。http://www.papa-okusuri.jp/


? 米電気自動車ベンチャーのテスラと夕イアップしてするトヨタの真意
? 誰が「太陽光発電バブル」を作りだしたのか?
? 中国の「天津エコシティ」―世界的な環境界モデル都市に発展する割合(その1)
? 誰が「太陽光発電バブル」を崩壊させたのか?―ドイツQセルズの苦悩とシャープの復権
? パナソニックの大型蓄電池開発に許すのは?―環境界ビジネスは「スマートハウス」にも

【昼間の時間本版コラム】第一三共、アステラスのベンチャー夕イアップして―新薬開発戦略の新たな方角性[??:内容2]

【昼間の時間本版コラム】第一三共、アステラスのベンチャー夕イアップして―新薬開発戦略の新たな方角性[??:内容3]

【昼間の時間本版コラム】第一三共、アステラスのベンチャー夕イアップして―新薬開発戦略の新たな方角性[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。