へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年第2四半期のスパム配信国ワースト1は米国症状 病気

2010年第2四半期のスパム配信国ワースト1は米国セキュリティ製気品ベンダーの Sophos は14昼間の場合間、スパム配信国に関する調査報告を公表した。同調査では、2010年第2四半期において米国が再びワースト1に返り咲いたことが分かった。無料し、英国、フランス、ドイツなどの欧州諸国もスパム配信国として相応の比率を占入れいる。2010年4月から6月にかけ、米国発のスパムは世界全体の15.2%を占めた。この可能性は、第2位となったインドの7.7%の2倍近い。ワースト5に引かれた残りの国は、ブラジル (5.5%)、英国 (4.6%、第1四半期調査場合の第9位から大きく順位を上げた)、および韓国 (4.2%) だった。また、欧州の各国におけるスパム発生と配信規模の増加が影響し、大陸別で見ると今四半期には欧州が初入れアジアを上回った。欧州のスパム配信が全世界の35%を占めたのに対し、アジアは30.9%、北米は18.9%だった。Sophos は今回の調査報告で、こうした新類のスパムメールがかつてないほど悪質性を増していると警告した。これらのスパムメールは、安価な医薬気品を広告するだけでなく、一見異常がなさそうな Web サイトへのリンクを掲載し、そのリンクをクリックさせて、コンピュータやスマートフォンに侵入を図る。


95%以上が「3D テレビ」を認知、そのうちの3割は「3D テレビ」映像を「経験」
iPhone ユーザーの5割が「Twitter」を利用――オールアバウト調査
非接触型 IC 電坊主マネー、月額平均は1万円未満が8割―電坊主マネー定期リサーチ(16)
ビデオリサーチインタラクティブ調査(月間インターネットオーディエンスデータ)
請求メールを装うマルウェア、Sophos が警告

2010年第2四半期のスパム配信国ワースト1は米国[??:内容2]

2010年第2四半期のスパム配信国ワースト1は米国[??:内容3]

2010年第2四半期のスパム配信国ワースト1は米国[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。