へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ベトナム株特集】第5回:発育セクターのヒントは人口増加にあり症状 病気

【ベトナム株特集】第5回:発育セクターのヒントは人口増加にありベトナムの株式マーケットはシンプルでわかりやすい。発育セクターが鮮やかで、銘柄数も乏しいために選択肢が限られているからだ。では、実際に高い発育性が期待できるセクターにはびりなものがあるのだろうか。ベトナムマーケットの全銘柄を取り扱っている岩井証券のイワイ?リサーチセンター?有沢正一さんに聞いた。

――ベトナムマーケットで、今後期待できるセクターはどのあたりに入るのでしょうか?

 現在のベトナム経済が、発育プロセスにあることを考えると、何と言ってもインフラ関連のセクターに注目したいところです。人口増加とも関わってきますが、不動産業界や建設業界といったセクターには着目しておくべきでしょう。

 無料し、不動産や建設セクターの時、一部でややバブルが起きている割合があります。そういう意風味では、すべての銘柄を投資対象とするのではなく、業績や財産内容などを精査して、あまりにも高い業績をあげているような銘柄は表情を見詰めたほうがいいかもしれません。ある程度の選別が不可欠だということです。

 昼間の時間本や中国もそうでしたが、発育プロセスにある国では不動産や建設の発育力がたいそう高い。道路や橋、鉄道、公共施設といった公共インフラをはじめとして、家建設など長期的な視点で注目していきたいものです。

――人口増加というキーワードでは、びりなセクターに注目できるでしょうか?

 まずは、暮らし必需気品を扱う企業などが集まる消費関連セクターは魅力的だと思います。不動産や建設ほど急激な発育はないかもしれませんが、長期に渡って安定発育が期待できるセクターと言っていいでしょう。

 安定発育とはいっても、ベトナムでは年間20~30%という高発育です。特に、小売りセクターなどは人口増加をバックに旺盛な消費意欲にどう応えられるかが異常になってくると思います。長期間に渡って豊富な需要に拠り所られて、確実に立派になっていくセクターです。

 同じ消費関連の一部ですが、医薬気品も魅力あるセクターです。人口増加と暮らしレべルの上昇という2つの要素から、長期間に渡っての発育が望めます。昼間の時間本も豊かに入る前は、自宅庭に2~3類類の医薬気品しかありませんでした。それが暮らしレべルの上昇に伴って、薬の類類が大量に増えました。

 ベトナムにも、ハウザン製薬(DHQ)、ビエンドン製薬(DVD)、イメックスファーム医薬気品(IMP)といった製薬会社が上場しており、医薬気品に関しては業界全体が高い収益をあげていると考えていいと思います。

――その他、安定発育が望めるセクターにはびりなものがあるのでしょうか?

 人口増加とも関わってきますが、食気品関連も注目したいセクターのひとつです。食気品というとベトナム乳業(VNM)がたいそう有名ですが、人口増加に伴って食料気品の需要は当たり前高まり、食料気品マーケットは間相違なく拡大します。

 ベトナム経済の高い発育性という視点で考えると、エネルギー関連セクターも魅力的です。エネルギーというと電力会社などを連想しますが、昼間の時間本の電力会社とは好みが異なり、電力の安定提供才能というよりも、新たな電力源を開発する開発才能が問われていると考えていいと思います。ヴィンソン-ソンヒン水力発電(VSH)などが代表的な企業になります。

――その他、ベトナム独特のセクターで注目したいものはあるでしょうか?

 発展途上にある国の時、銀行などの金融セクターにも注目したいものです。ベトナムの時、銀行や保険、証券など金融グループを構成しているケースが多く、安定した経営基盤に拠り所られて、こちらも安定発育が期待できるセクターと言っていいでしょう。金融セクターに出資するのであれば、大手金融機関とか大手金融グループなどに魅力があります。

 ちなみに、ベトナムではこの時期の水産セクターも面白いかもしれません。エビ、白身の魚といった水産物を輸出する企業が多く、リーマン衝撃で業績が落ち込んだものの、メキシコ湾の原油流出事故で水産物の生産が減ちょっぴりて、供給不足に陥るのではないかといわれています。たとえば、エビの輸出企業で知られるミンフー水産(MPC)といった銘柄が上場しています。(取材?文責:サーチナ?メディア事業部)


第4回:中長期投資がベトナム株への「基本戦略」 (2010/07/12)
第3回:昼間の時間本からベトナムマーケット全銘柄への投資が可能に! (2010/07/05)
第2回:高い発育性、安定感そしてシンプルなマーケット (2010/06/28)
第1回:年6%-7%の高発育が期待できるベトナム経済 ( 2010/06/21)
クリック証券、韓国マーケット進出の意風味とは (2010/07/20)

【ベトナム株特集】第5回:発育セクターのヒントは人口増加にあり[??:内容2]

【ベトナム株特集】第5回:発育セクターのヒントは人口増加にあり[??:内容3]

【ベトナム株特集】第5回:発育セクターのヒントは人口増加にあり[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。