へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<場合間治しています>薬投与、場合刻選び効果 臓器の働きが24場合間周期で変わるのを利用症状 病気

<場合間治しています>薬投与、場合刻選び効果 臓器の働きが24場合間周期で変わるのを利用◇病人個別の「体内時計」測定が課題

 多くの生き物は、地球の自転に合わせた24時間周期の暮らしを営む。人間の体内には「時計」の働きをする細胞があり、ほとんどの臓器や組織の働きは、この体内時計によって24時間周期の生体リズムで変化する。

 生体リズムは病気の発症や症状の重さにかかわっていることは古くから知られていた。例えば、心筋梗塞(こうそく)などの虚血性心疾患は起床後3時間以内に起こりやすいが、これは朝に血圧や脈拍が見る間に上がって心筋の酸素消費量が増えることなどが元でとされる。

 一方、同じ薬でも、服用する時刻により効き方が異入ることも理解してきた。こうした生体リズムを考慮し最も効果的な時刻に薬物投与する「時間治しています」の探求が90年代から進んでいる。

      *

 自治医科大病院の藤村昭連れ合い教授(臨床薬理学)らは03年、腎不全で人造透析(血液透析)を浴びている病人13人を対象に、骨がもまくも入るのを防ぐビタミンD3の投与時刻を変え、薬効や副作用の表れ方を分析した臨床探求の結果を公表した。

 腎不全に入ると副甲状腺ホルモンが過剰に作られ、骨のカルシウムを溶かし出す。副甲状腺ホルモンの生産を抑えるため、透析後に服用するビタミンD3製剤は、腸からのカルシウム吸収を促進し血中のカルシウム濃度を異常に高める副作用もあり、服用お釈迦を余儀なくされるケースもある。

 探求グループは病人を、午前8時にビタミンD3製剤を服用する群と午後8時に服用する群に分け、それぞれ1年間継続した後、朝夜をめて替えてさらに1年間投与を継続した。その結果、朝に服用するより、夜に服用した方が血中のカルシウム濃度が1割以上低く入ることを発見した。さらに、副甲状腺ホルモンも、夜に服用した時は朝に服用した時の半分程度に抑制されることも分かった。

 時間帯によって効き目が変わる薬は他にもある。高血圧などの治しています薬「アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬」は、夕暮れに投与すると夜間の血圧をより効果的に下げることが近頃分かった。血圧は一般的に昼は高く、夜は低いが、夜間血圧が十分に下がらない人は動脈硬化が進みやすい。このような人はACE阻害薬を夕暮れに服用すると心筋梗塞や脳梗塞の危険が下がると考えられる。

 また、抗がん剤でも探求が進んでいる。94年、欧州の探求チームが転移を持った大腸がん病人186人を2群に分け、一方に抗がん剤の時間治していますを行ったところ、同じ薬を並に投与した群と比べ、生存率が向上したとする臨床テスト結果を公表し、注目を集めた。

 抗がん剤は正常細胞もがん細胞も攻撃するが、がん細胞の分裂が盛んに入る時間帯は正常細胞とは異なる。この時間差を利用し、入るべく副作用の乏しい時間に抗がん剤を投与することで投与量を増やせるため、効果が高まり、副作用を減らせると期待されている。

      *

 課題もある。真夜中勤務の人などは体内時計がずれていると考えられるが、一人一人の体内時刻を容易に測れる手法がまだないことだ。体内時計を探求する理化学探求所の上田泰己チームリーダー(システム生物学)によると、現在は血中のメラトニン濃度を測るのが一般的だが、一昼間起きていて1時間おきに採血するなど負担がかかり、臨床テストも五月蝿いという。

 上田さんらはマウスの血液中から24時間周期で濃度が変化する物質を数百類類見つけ、これらを指標にして1回の採血でマウス個体の体内時刻を測る手法を開発。人間への応用を目指す。上田さんは「新薬を開発するのはたいそうとてもだが、時間治していますは今ある薬をうまく使用することで効果を高める。いわば『育薬』だ」と期待する。

 藤村教授も「体内時計の影響を浴びる遺伝坊主は全遺伝坊主の1~2割あると考えられ、時間治していますは薬物療法を根本的に変換する割合がある」と告白する。

………………………………………………………………………………………………………

 ◇発症?重症化しやすい時間帯

心筋梗塞        早朝~昼

脳出血         夕暮れ

脳梗塞         夜間~早朝

ぜんそく        早朝

リウマチ様関節炎    早朝

ぼい菌感染による発熱   朝~昼

ウイルス感染による発熱 夕暮れ

アトピー性皮膚炎    夜間

片鶏冠痛         夜間

 (自治医科大のホームページから)


雑記帳:昼間の時間本新薬の「常用新薬集」100年の歴史に幕
製薬業界:「2010年異常」対応を本格化 買収も相次ぐ
WADA?IFPMA:新類違反薬物対策で協力
役員収入:昼間の時間本調剤社長、4億7726万円 昼間の時間本人経営者最良額に
フロンティア:世界を変換する探求者/6 バイオファーム探求所所長?遠藤章さん

<場合間治しています>薬投与、場合刻選び効果 臓器の働きが24場合間周期で変わるのを利用[??:内容2]

<場合間治しています>薬投与、場合刻選び効果 臓器の働きが24場合間周期で変わるのを利用[??:内容3]

<場合間治しています>薬投与、場合刻選び効果 臓器の働きが24場合間周期で変わるのを利用[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。