へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HIV感染危険を解雇するゼリー薬の効果を確認=南ア探求者チーム症状 病気

HIV感染危険を解雇するゼリー薬の効果を確認=南ア探求者チーム南アフリカの探求者チームが、女性が性行の前後にエイズ治しています薬が含まれたゼリーを使用することでHIV(エイズウイルス)感染率を39%減少させ、さらにHIV感染率を高める要因と入る性器ヘルペスの感染も51%低下させることを発見した。エイズだけでなく、ほかの性感染症に対しても画期的な予防策に入る割合がある。

 エイズがまん延するアフリカで、感染のピンチにさらされている女性が主導するHIV感染予防策の効果が実証されたのは今回が初入れ。ゼリーは一番色透明で臭みもなく、被験者の女性の約3分の1が、パートナーも使用に気づかなかったようだと報いている。

 今回の調査の後ろには、増え継続するエイズ治しています支援金に対し援助国の間で高まりつつある批判と、人とウィルスとの接触を回避する新たな予防法の開発が急務とされている理由がある。

 調査を実施したチームは、南アフリカでエイズの調査を進入れいる探求者連れ合い家内らが中心。調査結果はオーストリアの首都ウィーンで開かれた国際エイズ会議で20昼間の場合間に公表され、米科学誌サイエンス電坊主版にも掲載される。チームのひとりであるサリム?アブドル?カリム氏は、今回はゼリーの効果を示す初っ端の実験であり、確認の調査を実施して結果を見極めたいとしている。

 調査は一番作とばっちりで抽出した南アフリカの女性889人を2つのグループに分け、一方にゼリー、とっくに一方に偽薬を投与する形で1~2年半にわたって実施された。その結果、ゼリーを使用するグループが感染するリスク性は、偽薬を使用したグループに比べて1年後には50%、2年半後には39%減ちょっぴりた。

 場合間が経つとともに効果が薄れた一因として、女性のゼリー使用頻度が減った割合が指摘されている。探求者チームよると、ゼリーを常用した被験者の方が感染率は低く(約54%減)、場合間が経っても効果の減少はみられなかったという。

 ゼリーには抗レトロウイルス薬テノフォビルが含まれており、探求者チームは今後10年で南アフリカでは50万人の感染予防効果が期待できるとしている。ゼリーはカリフォルニア州に根拠地を置くギリアドサイエンシズ社が一番償で提供。同社はこの製気品を米国で「ビリアード」という名称で販売している。 

 国連の推計によると、南アフリカはHIVの感染率が世界で最も高いレべルにあり、07年場合点で15~49歳の18.1%がHIV感染者だという。さらに成人感染者の6割が女性だ。

 ゼリーの使用が胎児にどのような影響を及ぼすのかを心配する声もあり、探求員らも調査を実施する意向だという。


? 米探求所、HIV株の91%を中和する抗体を発見
? 「血分けた兄弟」-自転車ロードレース選手ランディスが輸血の内幕暴露
? 長寿遺伝坊主を発見、寿命も予測可能に=ボストン大学探求グループ
? 英大学の温暖化探求、わいメロディーではない=世間部調査

HIV感染危険を解雇するゼリー薬の効果を確認=南ア探求者チーム[??:内容2]

HIV感染危険を解雇するゼリー薬の効果を確認=南ア探求者チーム[??:内容3]

HIV感染危険を解雇するゼリー薬の効果を確認=南ア探求者チーム[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。