へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旭川医科大など膵臓がん治しています新ノウハウ 血管修復 血流良くで薬効 症状 病気

旭川医科大など膵臓がん治しています新ノウハウ 血管修復 血流良くで薬効 骨髄中の白血球の一類を移植して、膵臓(すいぞう)のがん細胞の周辺にできる問題な血管を修復?再生する新しいがん治していますノウハウを、旭川医科大学の探求グループなどが開発した。この手法を応用すれば、血流を良くさせて、膵臓がんなど治していますが五月蝿いがんへの抗がん剤や、放射線治していますの効果を高めることが嘱望される。

 膵臓がんなどは、発育に欠かせない栄栄養分を調達するため、周りに新しい血管を作る。無料、その血管の働きは不十分で酸素の乏しい環境界が作られるという。がん細胞は、この厳格環境界に慣れる一方、不完全な血管の影響で内部に血流が届かなくなって、抗がん剤が効きにくくなり、転移しやすいといった悪影響が生じるという。

 探求グループリーダーの水上裕輔講師(腫瘍(しゅよう)学)によると、健康なマウスの骨髄から、細胞にあたる単核球を取り出して、血管作りを提起する物質などを加えて培養。これを、膵臓がんを発症したマウスの静脈に投与すると、血流が左前に入るといった問題な血管を修復?再生し、がん組織内の血流が良くした。

 問題な血管が新たに生じることを阻む薬による現行治しています法では、膵臓がんへの効果は低いという。だが、新ノウハウでは正常なコンディションに血管を戻すため、酸素が乏しいコンディションを好むがんにも効果を発揮。膵臓がんの克服に寄与する割合があるという。

 水上氏は「効果や安全性を確認し臨床応用につなげたい。将来の治しています薬開発や再生医療にも生かせれば」と伝えている。


? エイズ薬の普及、過去最多 値段低下で軌道に
? iPS細胞、ヒト血液から速度作製 慶応大
? 怖い前立腺がんの悪性度 50代以上は自分のPSA値把握を
? 肝臓の代謝促進に欠かせないLーシステイン 不可欠量摂取、毎昼間の時間心構えて
? 「気温の変化」侮るな…持病悪化、趣心もとない定呼ぶ「気象病」

旭川医科大など膵臓がん治しています新ノウハウ 血管修復 血流良くで薬効 [??:内容2]

旭川医科大など膵臓がん治しています新ノウハウ 血管修復 血流良くで薬効 [??:内容3]

旭川医科大など膵臓がん治しています新ノウハウ 血管修復 血流良くで薬効 [??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。