へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PMDAの業務実績、自己評定はすべて症状 病気

PMDAの業務実績、自己評定はすべて厚生労働省の「独立行政法人評価委員会医療?福祉部会」(部会長=上野谷加代坊主?同希望社大社会学部社会福祉学科教授)は7月22昼間の場合間の集まりで、「医薬気品医療機器総合機構」(PMDA)から昨年度の業務実績の自己評定の報告を浴びた。自己評定は、すべての評価項目で中期予定を上回ったことを意風味する「A」だった。

 評定はSが最良で、以下A-Dの全5段階。Bが「中期予定を概ね達成している」で、Aは「中期予定を上回っている」、C以下は「中期予定に対して不十分」を意風味する。

 PMDAの自己評定は、▽医薬気品副作用等打撃救済業務▽審査関連業務▽安全対策業務▽適切な業務運営のための組織?予算―に関する全18評価項目について示され、すべて「A」とされた。

 審査関連業務の「業務の迅速な処理及び体制整備」では、ドラッグ?ラグやデバイス?ラグの解消に向けて設定された、新医薬気品や新医療機器の審査期間(中央値)の夢達成状況などが示された。
 新医薬気品については、総審査期間を優先気品目で11か月、通常気品目で19か月にするなどの夢を立てていた。これに対し、実績はそれぞれ11.9か月、19.2か月だった。PMDAの担当者は、「若干オーパブしている」としながらも、通常気品目の処理件数が2008年度の53件から92件に大幅に増えたと説明した。
 一方、新医療機器では、総審査期間を優先気品目で16か月、通常気品目で21か月にするとの夢に対し、実績はそれぞれ13.9か月、11.0か月だった。担当者は、通常気品目の処理件数が08年度の12件から33件に増えたことを踏まえ、「総審査期間をクリアした後、件数も大幅に増やした」などと実績をアピールした。

 これらを浴び、上野谷部会長は「かなり謙虚な自己評価をしている」との見解を示した。
 委員からは、新型インフルエンザなどを例に、非常場合の対応について尋ねる質問が出所したほか、厚労省との役割分担や連携、重点的な項目に絞って注力することの不可欠性を指摘する声が上がった。

 次回集まりは8月17昼間の場合間に開かれ、2機構1施設(PMDA、福祉医療機構、国立重度知的妨げ者総合施設のぞみの園)の総合評価が行われる。



? 世界の審査基準作りの主役に―近藤理事長が描くPMDAの未来
? 福祉医療機構に好意的評価-厚労省?独法評価委
? 新薬の昨年度総審査期間、2.8か月短縮
? PMDA、事業拡充も「厚労省からの出向減を」―事業仕分け第2弾
? PMDA省内仕分け、好意的意見続出

PMDAの業務実績、自己評定はすべて[??:内容2]

PMDAの業務実績、自己評定はすべて[??:内容3]

PMDAの業務実績、自己評定はすべて[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。