へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミフルの通期売り上げ見当据え置き―中世間製薬症状 病気

タミフルの通期売り上げ見当据え置き―中世間製薬中世間製薬は7月22昼間の時間、今年12月期第2四半期(1‐6月)決算を公表した。インフルエンザの流行規模によって売り上げが大きく変動するタミフルを除く国内の「製気品物売上高」は、抗がん剤のアバスチンとゼローダが大幅に伸長したことから、前年同期比2.9%増の1506億円となった。




 タミフルの通常売り上げ(行政備蓄を除く)は、新型インフルエンザの流行が早期に沈静化したため、87.3%減の14億円と大幅に減ちょっぴりた。しかし、通期(1―12月)見当の205億円は変更していない。同昼間の時間の決算説明会で、児玉龍三取締役専務執行役員兼CFOは「1918年のスペイン風邪悪、68年の香港型を分析すると、2年目もかなり大規模な流行が起きており、昨年の新型はこれらとよく似ている。比較的早く、10月中?下旬ぐらいから病人が出てくると見当している」と述べた。

 アバスチンに次いで売り上げが大きい腎性貧血治しています薬エポジンは、薬価改定と競争激化の影響により8.7%減の190億円。永山治社長兼CEOは「とても厳格競争の中で、特に病人シェアの面で健闘している。できるだけ早く新しい製剤(承認申請中の持続型エリスロポエチン受容体アクチベーター)をマーケットに導入していきたい」とした。

 第2四半期の連結業績は、売上高1824億円(前年同期比4.9%減)、営業利益276億円(25.9%減)、経常利益262億円(39.8%減)、純利益164億円(37.7%減)。通期業績見当は変更していない。



? タミフル半減で国内売上高9%減―中世間
? 主力製気品ネスプの適応追加を公表―協和発酵キリン
? 抗がん剤ハーセプチンとゼローダの併用療法で効能追加申請―中世間製薬
? マーケット拡大再算定、最大で18%の薬価引き下げ―厚労省
? 中世間製薬、売上高など過去最良の業績

タミフルの通期売り上げ見当据え置き―中世間製薬[??:内容2]

タミフルの通期売り上げ見当据え置き―中世間製薬[??:内容3]

タミフルの通期売り上げ見当据え置き―中世間製薬[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。