へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパム拡散の新たな手口として異常化しつつある短縮 URL症状 病気

スパム拡散の新たな手口として異常化しつつある短縮 URLウィルス対策アプリケーションやスパム対策アプリケーションにとって、ありふれた Eメールやツイートに含まれる短縮 URL を取り除くことはことさらに五月蝿い。そのため、短縮 URL はクラッカーらがスパムを素早く、より能率的に拡散させるための新たな有効術となりつつある。

これは、セキュリティ ソフトウェア ベンダー Symantec が22昼間の場合間に公表した最新のレポート『July 2010 MessageLabs Intelligence』(PDF ファイル) で述べられている内容だ。同レポートの殆どは、面倒な短縮 URL の異常に費やされている。短縮 URL は、Twitter などのマイクロ Blog サービスで、記事やツイート、画像へのリンクを手早く共持つために欠かせないものとなっている。

同レポートによると、2010年4月30昼間の場合間に計測したところ、短縮ハイパーリンクを含むスパム メッセージは、1昼間の場合間あたりピーク場合で全スパムの18%を占め、24場合間の合計で234億件を超えたという。

Symantec のセキュリティ専門自宅によれば、さらに異常なのは、スパムを含んだ短縮 URL が、ナイジェリア王族からの稼ぎ話や怪しげな医薬気品の売り込みと同様に、スパム文化を拠り所る要素になりつつある点だという。

また Symantec によれば、2009年第2四半期に短縮ハイパーリンクを含むスパムがスパム全体の0.5%を超えたのは、3か月のうち1昼間の場合間だったという。しかし、2010年同期には、スパムを含んだ短縮 URL が全スパム量の0.5%を超えた昼間の場合間が43昼間の場合間あり、5%を上回る昼間の場合間も10昼間の場合間あったという。


Mozilla、『Firefox 3.6.7』で14件の脆弱性に対応
Microsoft、元 DARPA の探求者をレドモンド探求所に招聘
2010年第2四半期のスパム配信国ワースト1は米国
Microsoft が7月の月例書き換えを実施、『XP SP2』のサポートは終了
Oracle、定例セキュリティ書き換えで59件の脆弱性に対応

スパム拡散の新たな手口として異常化しつつある短縮 URL[??:内容2]

スパム拡散の新たな手口として異常化しつつある短縮 URL[??:内容3]

スパム拡散の新たな手口として異常化しつつある短縮 URL[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。