へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:県内生まれ長井博士、半生を映画化へ 県内でロケ、来春落成 /徳島症状 病気

映画:県内生まれ長井博士、半生を映画化へ 県内でロケ、来春落成 /徳島◇大杉漣さんら出演 山田監督も徳島出身
 徳島出身で「昼間の時間本薬学の父」と称される長井長義博士(1845~1929)の半生を描いた映画「こころざし-舎密(せいみ)を愛した男-」の製作公表が22昼間の時間、徳島大(徳島市庄町1)で行われた。役者の西村和彦さんが長井博士の役を演じ、父親役に大杉漣さん、妹役に大塚ちひろさんと県出身の役者が脇を固める。来年3月の落成後は県内各地で上映会が開かれるほか、県内の全中学?高校に映像DVDを配り、郷土の偉人を広く送信する。
 徳島藩の医師の自宅に天性た長井博士は早くから化学、薬学に興味を持ち、現在も世界中でせき止め薬として使用されるエフェドリンを発見した。昼間の時間本薬学会初代会鶏冠を務め、各地で学校創設などに尽力した。
 副題にある「舎密」は化学を意風味するオランダ語への当て字。昼間の時間本に概念がなかった明治従来に使われていた言葉という。
 この昼間の時間の製作公表は同大の長井思い出ホールで開催。長井博士は薬学関係者には著名だが一般に知られず、県出身の山田和広監督、台本自宅の旺季希望ずかさんも「製作に従事するまで知らなかった」と声をそろえた。しかし、旺季さんは「必ずちょっぴり慎ましい徳島らしい人。『ごっついな』など阿波弁も使い、化学と自宅内だけに恋をした少年らしい根性を描く」、山田監督も「功績を伝言するだけでなく、若者への応援メッセージにしたい」と話した。
 主演の西村さんは「この映画が視聴者にとって何かの“特効薬”になれば」と意欲を語った。大杉さんは「見詰めた人に気持ちが着くようなりふりかまわず演じたい」と述べた。
 9月にクランクインし、県内やドイツなどでロケを行う。製作は同大などの実行委員会が行うが、製作費約1億円は企業や個人からの寄付金をあてる。めどが付いているのは現在約7割で、協賛も呼び掛けている。問い合わせは実行委事務局(03?3481?7745)。

7月23昼間の時間朝刊


名古屋市役所:帝冠様式の本庁舎「国重文」目指し調査着手
NIIGATAまち?話題:「あぜみちジャンピンッ!」 長岡の映画祭で上映 /新潟
シネマの景色フェス:道でロケの6邦画上映--札幌、26昼間の時間から /北海道
文化:道内ロケの名作6本上映 札幌で26昼間の時間からシネマフェス
名古屋市役所本庁舎:「国重文」目指し調査着手 1933年建設、帝冠様式

映画:県内生まれ長井博士、半生を映画化へ 県内でロケ、来春落成 /徳島[??:内容2]

映画:県内生まれ長井博士、半生を映画化へ 県内でロケ、来春落成 /徳島[??:内容3]

映画:県内生まれ長井博士、半生を映画化へ 県内でロケ、来春落成 /徳島[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。