へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬害教育検討会が初集まり―厚労省症状 病気

薬害教育検討会が初集まり―厚労省厚生労働省は7月23昼間の時間、薬害事件を学び、医薬気品との正しいかかわり方を身に付けるための中学生用教材の内容を検討する「薬害を学び再発を防止するための教育に関する検討会」の初集まりを開いた。

 事務局が提出した検討案によると、教材は中学3年生を対象に社会科などの講義で活用されることを想定。A4サイズ8ページ程度で、薬害事件の打撃や社会的影響などを学ぶとともに、再発防止を考えることを主眼としている。
 9月下旬から10月上旬ごろまでに教材の内容について意見を取りまとめ、今年度中の作成、配布を目指す。

 意見交換では、花井十伍委員(NPO法人ネットワーク医療と人権理事)が教材の目的について、「わたしたちは二度と薬害の打撃者も加害者もつくりたくないと言ってきた。打撃者異常や企業の責任異常ではなく、社会において薬と一緒に生きていく上で、どうやってよりよくしていくかを皆で考える契機にしたい」と強調。また、小林英連れ合い委員(くすりの適正使用協議会コミュニケーション部会長)は、「教材を作った後の文部科学省、地方自治体の教育委員会との連携、特に現場の先生とどうやってタイアップしていくかを考えなければ、作ったものが現場に生かされない」と述べた。

 次回集まりは8月30昼間の時間に開かれ、薬害打撃者、教育現場の関係者からヒアリングを行う計画。



? 薬害学ぶ中学生用教材の検討を開始へ―厚労省検討会が23昼間の時間に初集まり
? 薬害再発防止策で医療機関の薬剤師増員など明記―厚労省検討委
? 第三者組織WGの取りまとめ案を同意―薬害再発防止検討委
? 第三者組織の検討結果を取りまとめ―薬害肝炎WG
? 医薬気品行政の「現場の生の声」、アンケート結果を発表―厚労省検討委

薬害教育検討会が初集まり―厚労省[??:内容2]

薬害教育検討会が初集まり―厚労省[??:内容3]

薬害教育検討会が初集まり―厚労省[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。