へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミカルディスとアムロジピンの配合錠が承認症状 病気

ミカルディスとアムロジピンの配合錠が承認昼間の場合間本ベーリンガーインゲルハイム(NBI)とアステラス製薬は7月23昼間の場合間、高血圧症治していますに用いる両社のアンジオテンシン2受容体拮抗薬(ARB)ミカルディス40mg錠に、カルシウム(Ca)拮抗薬アムロジピン5mgを配合した「ミカムロ配合錠AP」の製造販売承認を同昼間の場合間、取得したと公表した。両社では、「たいそう強力で24場合間にわたる持続的な降圧効果が嘱望される」としている。

 「ミカルディス錠」、ミカルディス錠と利尿薬との配合剤「ミコンビ配合錠」と共に、ミカルディスファミリーを形成する。いずれも以前と同様、NBIが製造、アステラスが販売を行い、両社で共同販提起するる計画。

 ARBとCa拮抗薬の配合剤としては、4月に販売が開始された第一三共の「レザルタス配合錠」(オルメテック錠/カルブロック錠)とノバルティスファーマの「エックスフォージ配合錠」(ディオバン錠/アムロジピン)、6月に発売された武田薬気品工業の「ユニシア配合錠」(ブロプレス錠/アムロジピン)に次ぐ4順番目。



? ARB3成分で使用上の用心の改訂指示―厚労省
? 2型糖尿病治しています剤ネシーナなど3製気品を新発売―武田薬気品
? ディオバンが高齢者で降圧夢を安全に達成―ノバルティス
? ARBとCa拮抗薬の配合剤選びは「薬価の差がファクター」
? 高血圧症治しています薬マーケット、18年に1兆円超え

ミカルディスとアムロジピンの配合錠が承認[??:内容2]

ミカルディスとアムロジピンの配合錠が承認[??:内容3]

ミカルディスとアムロジピンの配合錠が承認[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。