へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<注目映画紹介> 難病の坊主を持った父の自宅族愛と新薬開発の裏側症状 病気

<注目映画紹介> 難病の坊主を持った父の自宅族愛と新薬開発の裏側実話の映画化は、創作した物語よりも数奇なものが多い。これもそんな作気品の一つだ。米映画「小さな命が呼ぶとき」(トム?ボーン監督)が24昼間の時間、全国で公開される。難病の我が坊主を救助するために製薬会社を設立した父親の奮闘を、新薬開発のステーヅ裏とともに描き出し、見事社会派とエンターテインメントを融合させている。ハリソン?フォードさんが製作総指揮で映画の企画段階から参加し、治しています薬の開発に挑む変人の博士役を演じている。

「小さな命が呼ぶとき」のその他の場面カット

 会社員のジョン?クラウリー(ブレンダン?フレイザーさん)と自宅内の間には、3人の坊主どもがいる。長女と次男は、グリコーゲンが分解されず体内に蓄積される難病「ポンペ病」にかかっている。決定的な治しています薬はなく死を待つのみ。長女は8歳の誕生昼間の時間に容体が急変する。ジョンは苦悩したのち、ポンペ病探求者のロパブト?ストーン博士(ハリソン?フォードさん)に返事をとり、博士のいるネブラスカ大学にやって来る。ついにのことで博士をつかまえたジョンは、探求お金を出すので治しています薬の開発にあたってほしいと切り出す……。

 難病の坊主どもはとっかかりに過ぎず、これは一つのビジネスを立ち上げる父親と探求者の一大本職ジェクトのドラマだ。映画を拠り所ているのは「何もしないで死を待つだけでいいのか」という父親の必死の思い。彼の熱意ある行動に見ていてグイグイと引き込まれる。一方で、ジョンのビジネスを冷静な視点で追っていて、普段見られない新薬開発のステーヅ裏にも興風味がそそられる。ハートフルな自宅族の物語と、ベンチャー企業経営の難しさ、温かさとクールさの両面が風味わえる映画だ。

 やっぱり薬はできるのか。探求には熱心だが協調性に著しく欠けるストーン博士のお陰で、一層ハラハラさせられる。タッグを組んだ父親と博士の関係が、一筋ロープではいかないあたりにリアリティーがある。

 「ベガスの恋に勝つルール」のトム?ボーン監督がメガホンをとった。骨太な台本は「ショコラ」でアカデミー脚色賞にノミネートされたこともあるロパブト?ネルソン?ジェイコブスさんが手がけた。24昼間の時間からTOHOシネマズシャンテ(東京都千代田区)ほか全国で公開。(キョーコ/毎昼間の時間新聞デジタル) 


<写真特集>父親役のブレンダン?フレイザーさんが出演 映画「センター?オブ?ジ?アース」ステーヅあいさつ
ハリソン?フォードさんの前作は 「インディ?ジョーンズ/クリスタル?スカルの王国」が4昼間の時間間で110万人動員へ
映画興行成績 :4位に「ベガスの恋に勝つルール」が引かれたランキング
<写真特集>実話を基にした映画「てぃだかんかん」のステーヅあいさつ

<注目映画紹介> 難病の坊主を持った父の自宅族愛と新薬開発の裏側[??:内容2]

<注目映画紹介> 難病の坊主を持った父の自宅族愛と新薬開発の裏側[??:内容3]

<注目映画紹介> 難病の坊主を持った父の自宅族愛と新薬開発の裏側[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。