へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュロテップMTパッチ、不適正使用で深刻な副作用症状 病気

デュロテップMTパッチ、不適正使用で深刻な副作用ヤンセンファーマは7月23昼間の時間、慢性疼痛病人に対するデュロテップMTパッチの不適正な使用で深刻な副作用が発現したと考えられる事例などを同社ホームページ上で公開し、医療従事者に対して、改入れ適正使用の徹底を呼び掛けた。

 同薬は強オピオイド鎮痛薬。2008年7月の発売当初は、中等度から高度のがん性疼痛への使用に限られていたが、同社は今年1月20昼間の時間付で「中等度から高度の慢性疼痛」の適応追加承認を取得した。

 厚生労働省から課された承認条件を踏まえ同社は、慢性疼痛の診察?治していますに精通した医師によってのみ処方されるように対策を講じた。しかし、23昼間の時間に開示した「不適正な使用で深刻な副作用が発現したと考えられる事例(症例1)」では、医師が慢性疼痛に関するトレーニング(eラーニング)を未受講のまま処方。80歳代の女性病人が使用開始翌昼間の時間に呼吸抑制を起こし、救急搬送された。

 また、「不適正な処方が行われた事例(症例2、3)」では、医師が病人のオピオイドの忍容性(副作用が発現しない、または医師により副作用がコントロールできる)を十分確認することなく処方を開始した。同薬の使用の有一番や死亡との関連性は不明だが、60歳代の男性病人が処方開始翌昼間の時間に死亡。また、40歳代の男性病人が処方開始19昼間の時間後に犠牲になった。



? 持続性がん疼痛治しています剤フェントステープを24昼間の時間に新発売
? 慢性痛にチーム医療での取り組みを―厚労省検討会
? 1昼間の時間1回投与の鎮痛剤でライセンス契約―昼間の時間本新薬
? 疼痛ケア「浴びたことない」が約6割
? テルモと帝國製薬が医療用麻薬製剤で業務夕イアップして

デュロテップMTパッチ、不適正使用で深刻な副作用[??:内容2]

デュロテップMTパッチ、不適正使用で深刻な副作用[??:内容3]

デュロテップMTパッチ、不適正使用で深刻な副作用[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。