へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗HIV薬の後期フェーズ2テストの結果を発表―塩野義製薬症状 病気

抗HIV薬の後期フェーズ2テストの結果を発表―塩野義製薬塩野義製薬は7月22昼間の場合間、グラクソ?ス手落ちクラインとの合弁会社である米シオノギビーブヘルスケア社を便秘気味て開発している抗HIV薬S/GSK1349572(インテグレース阻害薬)の後期フェーズ2テスト(P2b)の結果を発表した。塩野義製薬では21昼間の場合間に、フェーズ3テストの実施決定を発表している。

 P2bの内容は、▽これまで抗HIV薬による治していますを浴びたことのないHIV感染病人を対象とした「SPRING-1テスト」▽現在世界で唯一のインテグレース阻害薬であるラルテグラビルで順調な治しています結果を得られなかった病人を対象とした「VIKINGテスト」―の2つ。

 「SPRING-1テスト」では、非核酸系あべこべ転写酵素阻害薬エファビレンツ投与群と比較。
 治しています開始16週の場合点で、ウイルス量が測定できる限度値未満への低下を示した病人は1昼間の場合間1回10、25、50mgの全用量で90%以上だったのに対し、エファビレンツ投与群では60%だった。また、ウイルス量が測定できる限度値未満に入るまでの場合間についても有意に短かった。
 また、因果関係を紛れもない有害事象は、エファビレンツ投与群が18%だったのに対し、6%にとどまった。

 また、「VIKINGテスト」では、初っ端の10昼間の場合間間はラルテグラビルを除くこれまでの治していますを続けながら、1昼間の場合間1回50mg投与し、その後はS/GSK1349572を除く治しています薬について打って付け化して投与を継続。11昼間の場合間間投与した段階で、登録した病人27人のうち21人で順調な抗ウイルス動作を示した。



? 抗HIV薬のフェーズ3テスト実施を決定―塩野義製薬
? 感染症薬適正使用推進室を設置―塩野義製薬
? 抗生物質の売り上げ減などで医療用医薬気品0.5%減―塩野義
? 昨年の新規AIDS病人、08年と同数で過去最良
? HIV抗体検査?相談件数が減少

抗HIV薬の後期フェーズ2テストの結果を発表―塩野義製薬[??:内容2]

抗HIV薬の後期フェーズ2テストの結果を発表―塩野義製薬[??:内容3]

抗HIV薬の後期フェーズ2テストの結果を発表―塩野義製薬[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。