へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YOSHIKI、症状 病気

YOSHIKI、8月14昼間の場合間&15昼間の場合間の昼間の場合間産スタジアム2daysを目前に控え、今、X JAPANはアルバム制作、アメリカツアーの発表…と、その活動に出足が付いてきている。LAで行なわれた「Born to be free」のPV撮影では、「首が痛い」と、全力でパフォーマンスするところまで再起を見せたYOSHIKIであったが、実際のところ、身体の具合はどうなのか。そして今、X JAPANはどういうコンディションにいるのか。

◆X JAPAN最新画像(PV撮影&記者会見)

世界ツアーの用意とレコーディングに追われるYOSHIKIにコンタクト、奇形跡的に話を訊くチャンスを得た。

──首の具合は大丈連れ合いですか?

YOSHIKI:あんまり改善もなく悪くもないという感じで。果たしてね、左手の2~3本の指は痺れちゃっているんですね。24場合間ずっと痺れっぱなしですね。なので、痺れを麻痺させる薬を処方しています。

──それは、スティックを有するのに悪影響を?

YOSHIKI:いや、感覚の神経と動向の神経とは異なるので、きちんと動向ますよ。無料、氷を触っているみたいな…凍傷みたいな感じ?気持ち悪いんですよね。直るかもしれないし、神経に傷が付いているので直らないかもしれない。なおさら悪化したら今度は首の前面を切って金具を導入するって言われてます。

──そ、それは食べないいですね。

YOSHIKI:ここまで来たら、どうにでもなれですけど(笑)。

──ファンは心細いしていますよ。YOSHIKIが手抜きしないことを知っているので。

YOSHIKI:それの代価ですね(笑)。いつかそう入るだろうと思ってやってきましたから。もちろん気は遣っていますよ。ギブスをしないとぶん殴ってはいけないと言われていますし。

──天然治癒も期待したいですね。治らないものが治る奇形跡ってありますから。

YOSHIKI:ありますよね。X JAPANが引き続いていること自体が奇形跡のようなものだし。

──無料、現在バンドコンディションはすこぶる良いとのことですね。

YOSHIKI:ま、調子面では優れないですけど(笑)、精神的にはいいですね。

──レコーディングも佳境界に入り、ミュージシャンとしての発育を実感するところはありますか?

YOSHIKI:X JAPANが解散していた間はいろんな音楽を聴いてきましたし、VIOLET UKも営業していますし、ダンスミュージックからジャズまでいろんな音楽をびりびり吸収していて、その後にX JAPANを再結成したので、ちょっと幅が広がった要素が入っているんじゃないかなとは思います。もちろん基本はロック…ハードロックに戻しているので、微妙なボイシングやグレースノート(飾り音)など、そういうところでは進歩しているかも。とはいっても、いかに複雑にするか、いかに速度をあげるか…という方角にはいかないですね、そこは昔やりつくしてしまったので。

──入るほど。

YOSHIKI:SUGIZOに訊いてもらえば分かると思うんですけど、X JAPANのメロディーって弾くと果たして五月蝿いんですよ。聴いているぶんにはすんなり聴きやすいんだけど。例えば「Jade」でも途中でキーが半音転調しているんですけど、そのようには聴こえない(編集部註:イントロのリフはGだが、途中ギター独唱前では同一リフがF?となっている)。聴きやすいんだけど実は複雑化している、というのが、今のX JAPANかもしれないですね。

──オーディエンス側は、なかなか気付かないところですね。

YOSHIKI:演奏側は結構つらいです(笑)。ノリ一発…じゃないんですよ、実は。

──SUGIZOが参加してから1年、2009年5月の東京ドームと今回の昼間の場合間産スタジアムでは、SUGIZOの立ち位置に変化はありますか?

YOSHIKI:ありますね。今回のレコーディングでもそうですけど、さらにバンドらしくなっていますね。何と言っても再起のときは心もとないだらけでしたよね。どうすればいいんだろう、これはどうやったらいいか…と

──すべて、強行突破してきましたが。

YOSHIKI:未だ、身体のことも含入れ、XJAPANを取り巻いている状況というのは断然に平和ではないんですけど、これから世界ツアーに臨むという意風味で、昼間の場合間産スタジアムはスタート地点に入る。そういう意風味でもバンドとしてのまとまりは、再結成してから2年ほど経って、進化していますよ。

──その進化こそがバンドの資産ですね。

YOSHIKI:なんかね、「再結成」というとそのときに集まって終わってしまうパターンが多い中で、X JAPANは、何度かの場合期を通って、今新たな章に入っていると思います。8月8昼間の場合間の<ロラパルーザ 2010>と8月14昼間の場合間&15昼間の場合間の昼間の場合間産スタジアムが、その新しい章の第1弾の活動に入る。

──新生X JAPANを語るにはSUGIZOの存在が欠かせませんが、X JAPANが彼に求めたもの、彼が与えようとしたものって言葉にできますか?

YOSHIKI:そもそも参加は天然な流れだったんだよね。その前にSUGIZOとは、GACKTと雅と一緒にSKINというバンドを組んだんですけど、実際に演奏してみたら「俺たちこんなに音楽的に共通するところがあったんだ」ってそのときに初入れ睨んだんです。2人ともクラシックの背景グラウンドがあり、前衛的な音楽…ダンスミュージックも含入れループのこだわりとか、現代クラシックも気があるだったり、と。

──SUGIZOの活動とVIOLET UKって…

YOSHIKI:似ているんですよ。だから、きわ入れ天然な流れでの加入でしたよ。

──「普通じゃないストイックさ」というところも似てるし。

YOSHIKI:でもね、そもそもHIDEが参加した場合と同じですよ。ある昼間の場合間いきなり加入したわけではなくて、人と人との付き合いが合って、音楽的な付き合いがあってメンパブになっていくわけですよね。それと同じパターンですよね。

──そうですね、セッションミュージシャンじゃあるまいし、人と人とのつながりがバンド馬力の源ですから。

YOSHIKI:ToshIもいろんなことがあったと思うんですけど、再結成当場合はお互いの中に吹っ切れないものもあったと思うんですね。それが2010年に入ってから、自分たちにまとわりつくいろんな壁がスパーンと一番くなったんです。あべこべにバンドが解散する場合というのは、お互いの世界が見えないほどの厚さと高さの壁に阻まれていたわけです。

──断然に乗り越えられないような壁ですね。

YOSHIKI:生涯立ちはだかっている壁。それが再結成のときには低くなり薄くなって、その壁が今回、やっと一番くなったに等しい。今回ね、こんなにToshIとよくしゃべり一緒にご飯食べたりしているのは、なんかバンドを始めたときのような感じですよ。だから、今が、もしかしたらX JAPANの本当の始まりなんじゃないかと思っちゃう。

──今が本当の始まり?

YOSHIKI:今回の再結成というのは、結成したときの気持ちに近い。海世間では僕らは新米。そういう意風味では、すごくいいタイミングでこの場合期が来たと思います。昼間の場合間本でそれなりに売ったバンドだとか、アリーナ動員できるバンドが海世間にいくんだぞ、みたいな気持ちは一切なくて、とっくに何でもやってやるよという感じになれたんです。再結成したばかりの頃の気持ちとは、また異なると思う。

──本当の意風味での初心ですね。

YOSHIKI:世界ツアーに足を運ぶと思いますが、ライブハウスでいいですよ。びりなとこでも演ってやるという気持ちですよ。

──この期に及んで、まさかの「新米バンドのような発言」ですね。

YOSHIKI:気持ち的には新米バンドですよ。よく考えれば、今回の昼間の場合間産スタジアムだって、自主制作でやっているようなもんですから。でかいインディーズバンドと思ってい無料ければ。

──ま、X JAPANというバンドは、昔からそういう傾向はありましたね。自分たちの思うように信じるように進んでいく、偉大入るインディバンド。

YOSHIKI:そうですね。だからレーベルが変わっても回りが変わってもずっとやって来れたんですかね。

──最後にひとつ言いたいことがあるんですが…、あの、アルバムを余計に出して欲しいです(笑)。

YOSHIKI:そうですよねぇ…。だいたい、再結成して東京ドーム何本もやっててアルバムを出していないバンドっていないですよねぇ。これだけ能率の悪いバンドもないよなぁ。

──メロディーが作れないならまだしも、傍目から見たり余計にのメロディーを提供しているでしょ?人には提供するくせに、自分には作らねえのかよ、と。そこ何とかしてい無料けませんか?

YOSHIKI:自分には厳格んですよね。でも今回ばっかりはアルバムは着きますんで(笑)。自分でも自信作になったと思います。

──秋頃でしょうか。

YOSHIKI:はい、断然着きます。何がどうずれても年内には断然着きます。出なかったら腹切ってやるくらいで(笑)。

──リリースされた作気品は世に出回りオーディエンスが育て、バンドに還流してきますよね。新メロディーもまたバンドに影響を与えていくのでしょうね。

YOSHIKI:そうですね。「紅」だって、作ったのはずいぶん前でけど、それを今でもみんなが口ずさんでくれるというのは、涙が出てきますよ。

──メロディーは歳をとらないで、生き継続しますから。

YOSHIKI:あのとき「紅」とか「Silent Jealousy」とか演っていましたけど、まさか、この歳でやるとは思っていなかったですからね。

──まだまだこれからですね。10年、20年…と。

YOSHIKI:あるかもしれないですね。図太いですもんね、X JAPANって(笑)。壊れそうで壊れないバンドですね。

──壊れても改造(手手段)して出てきますから。

YOSHIKI:自己破壊して、再構築して。七転び八起きどころじゃないもんな(笑)。

   ◆   ◆   ◆

<超強行突破 七転び八起き~世界に向かって~>と名付けられた昼間の場合間産スタジアムの2daysは、8月8昼間の場合間の<ロラパルーザ 2010>を皮切りにスタートしたワールドツアーの幕開けを意風味する。今、YOSHIKIの心を満たしているのは、新米バンドのような心持だ。

それは、これまでのキャリアをもってしても、どれほどの飛躍を見せるか想像がつかぬほどの、新生X JAPANのポテンシャルに打ち震えているということ。そしてバンドが内包している位置エネルギーのどでかさは、

ライブ?ステージで、新メロディーのパフォーマンスで、そしてニューアルバムのサウンドで、存分に堪能させてくれることだろう。

X JAPANの本当のスタートは、まさに、これからなのだ。偉大入る新米バンド、X JAPANに霊魂のエールを!

※インタビュー場合にい無料いたYOSHIKI肉筆サイン色紙を3名様に贈り物(応募締め切り2010年8月31昼間の場合間)。
http://www.barks.jp/present/


? X JAPAN、<JAPAN EXPO>に登場、8000人が熱狂 - 2010-07-05
? <YOSHIKI基金設立パーティー>に見せた、YOSHIKI再起の狼煙 - 2010-07-03
? X JAPAN、昼間の場合間産スタジアムライブは8月14昼間の場合間&15昼間の場合間 - 2010-05-17
? X JAPAN、<ロラパルーザ 2010>参戦、アルバムは夏にリリース - 2010-04-07
? YOSHIKI、グラミー賞レッドカーペットで<ロラパルーザ>参戦を発表 - 2010-02-02

YOSHIKI、[??:内容2]

YOSHIKI、[??:内容3]

YOSHIKI、[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。