へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ベトナム株特集】第6回:ベトナム株、期待のセクターを語る症状 病気

【ベトナム株特集】第6回:ベトナム株、期待のセクターを語る前回は、今後の発育が期待されているセクターを中心にベトナム株式マーケットの魅力を紹介したが、今回はズバリ、いま最も期待できる業界を取り上げてみたい。中長期運用が原則であることは言うまでもないが、銘柄によっては数カ月で結果が売れるようなセクターもベトナムマーケットには数多くある。ベトナムマーケットの全銘柄を取り扱っている岩井証券のイワイ?リサーチセンター?有沢正一さんに聞いた。

――前回、ベトナムマーケットで発育が期待できるセクターについてお伺いしましたが、それらも含入れ最も注目しているセクターがあったら教えてくかっこ悪い。

 ご存知のように、ベトナムはもともとメコン川流域の肥えているな国土に恵まれた農業国です。第一回目のインタビューでもお話ししましたが、ベトナムは農林水産業などの第一次産業も、第二次、第三次産業と共に発育を遂げている国です。政府も、自国の農業発展に力を注いでいます。そういう意風味で言うと、ベトナムマーケットに上場している農業セクターは、今後の発育が楽しみなセクターと言えます。

 実際に、ベトナム政府は農業インフラの整備などに重点的に投資を行っており、コメの輸出などを中心に、ベトナムを代表する産業のひとつとして育成しています。農業関連企業の発育力は高いと考えていいと思います。

 無料、遺憾なことにまだ上場している企業が乏しい。せいぜい数社程度です。代表的な企業としては、ペトロベトナム化学肥やし(DPM)、生物化学肥やし総合物資(HSI)、中央類苗(NSC)などですが、国営企業の坊主会社といった企業が多く、大手はまだ未上場のコンディションです。大企業の上場はこれから、ということです。

――ベトナムは農業輸出国になっているのでしょうか?

 生産量で最も大きいのはコメですが、ベトナムで忘れてならないのは「自然ゴム」です。近頃では、ベトナム企業がゴム栽培の敷地を、国内からカンボジアやラオスといった近隣諸国にシフトしており、それだけ自然ゴムに対する需要が増えていると考えられます。

 こうしたコメや自然ゴムは、ベトナムの尊い輸出製気品として、政府も育成しようという姿勢を示しています。自然ゴムの値段も直近では上昇しており、高い利益を上げられる割合を繁盛。

 自然ゴム関連の銘柄もいくつか上場しており、農業セクターのひとつというよりも自然ゴムセクターとして注目したいものです。具体的には、ホアビンゴム(HRC)、ドンフーゴム(DPR)といった銘柄が上場しています。自然ゴムも、ベトナム発育産業のひとつです。

――その他、ズバリお勧めのセクターというとどのあたりに入るのでしょうか?

 前回もちょっと指摘しましたが、医薬気品セクターが好業績を維持し、高い発育率が有望視されています。業界全体が好成績をあげており、2ケタの高い発育率を維持できるのではないでしょうか。

 医薬気品には、庶民薬と医療用がありますが、双方ともマーケットの規模が急激に引き伸ばしており、供給が需要に追い付かないコンディション。人口増加に加えて、暮らしレべルの向上が需要を爆発的に増やしていると考えられます。

 実際、業界第一面のハウザン製薬(DHG)は5年連続で17%を超える売上発育率を達成しています。同業他社も、直近の営業成績では過去最良の売上や利益を計上しており、業界全体が大きく立派になっていることを物語っています。今後、ベトナムの経済発育に合発言させて大きく伸びていくセクターと言っていいでしょう。

――IT関連などの情報通信セクターはどうでしょうか?

 これも大きな発育が嘱望される、お勧めのセクターと言えます。現在のベトナムの情報通信業界は、持ち運び電話の普及が一巡して、今後はスマートフォンなどの次世代持ち運び電話が登場してくるところです。

 現在、急激に進行しているのはインターネットのブロードバンド化。ベトナムの時は、高度経済発育とIT革命が同時に発生しているコンディションで、情報関連セクターから目が離せません。人々の暮らしレべルの上昇に応じて、IT革命も継続的に進行していくものと考えられます。

 さらに、企業のIT化に対する需要も大きく、ベトナムマーケットの中でも有数の発育セクターと言っていいでしょう。また、電話会社が1社も上場しておらず、同じく1社も上場していない航空会社などと同様に、今後のIPO(新規上場)マーケットが楽しみと言えます。(取材?文責:サーチナ?メディア事業部)


第5回:発育セクターのヒントは人口増加にあり (2010/07/20)
第4回:中長期投資がベトナム株への「基本戦略」 (2010/07/12)
第3回:昼間の時間本からベトナムマーケット全銘柄への投資が可能に! (2010/07/05)
第2回:高い発育性、安定感そしてシンプルなマーケット (2010/06/28)
第1回:年6%-7%の高発育が期待できるベトナム経済 ( 2010/06/21)

【ベトナム株特集】第6回:ベトナム株、期待のセクターを語る[??:内容2]

【ベトナム株特集】第6回:ベトナム株、期待のセクターを語る[??:内容3]

【ベトナム株特集】第6回:ベトナム株、期待のセクターを語る[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。