へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州マーケットサマリー(26昼間の時間)症状 病気

欧州マーケットサマリー(26昼間の時間)1313GMT      23昼間の場合間大詰め

ユーロ/ドル    1.2944      1.2904

ドル/円      87.100      87.440

ユーロ/円 112.78      112.89

              26昼間の場合間終値     前営業昼間の場合間終値

株 FT100 5351.12(+ 38.50) 5312.62

  クセトラDAX     6194.21(+ 27.87) 6166.34

金 現物午後値決め 1183.50  1190.50  

               先物    現物利回り

3カ月物ユーロ(9月限)  99.010 (‐0.010)  0.340(0.343)

独連邦債2年物 0.830(0.734)

独連邦債10年物(9月限) 127.76 (‐0.57) 2.759(2.745)

独連邦債30年物   3.417(3.385)

 <為替> ユーロ/ドルが小幅上昇。無料、欧州の銀行フラストレーション試験(健全性審査)の厳しい性をめぐり疑わしい視する見方が拡散するなか、ユーロは上げ幅を縮小した。

 <株式> ロンドン株式マーケットは反発し、FT総合株価指数は10週間ぶりの高値で引けた。欧州の銀行フラストレーション試験(健全性審査)が大きな異常もなく順調に終了したことをバックに、銀行株が上昇を主導した。

 また、米家指標が堅調だったことも感傷的メントを押し上げた。

 FT100類総合株価指数は38.50ポイント(0.72%)高の5351.12で終了。終値としては5月13昼間の場合間以来の高値と入る。

 23昼間の場合間公表されたフラストレーション試験の結果では、試験の対象となった91行中、不パスとなった銀行が7行にとどまり、マーケットでは心細くないです感が広がった。

 パブクレイズ<BARC.L>は4.5%上昇し、銀行セクターの上昇を牽引。ロイズ?バンキング?グループ<LLOY.L>は3.9%高、ロイヤル?バンク?オブ?スコットランド<RBS.L>は3%高となった。

 フラストレーション試験の結果からは、不パス行の資本不足は全体で35億ユーロ(45億ドル)となったことも明らかになった。マーケットで見当されていた300─1000億ユーロを下回ったものの、試験の厳しい性をめぐっては疑わしいの声も挙がっている。

 米指標では、6月の新築築1戸建て住 宅販売が、前月比23.6%増の年率33万戸となり、マーケット見当の32万戸を上回った。前月比での増加率としては1980年5月以来の大きさとなった。

 欧州株式マーケットは続伸し、主要株価指数は5週間ぶりの高値で引けた。6月の米新築1戸建て家販売が強い内容となったことが支援したほか、欧州の銀行をターゲットにしたフラストレーション試験(健全性審査)の結果公表を前週に終え、銀行株に買いが引かれた。

 アライド?アイリッシュ?バンクス<ALBK.I>、パブクレイズ<BARC.L>、デクシア<DEXI.BR>、ソシエテ?ジェネラル<SOGN.PA>が4.5─9.1%値を上げた。

 FTSEユーロファースト300類指数は4.70ポイント(0.45%)高の1049.01。

 DJユーロSTOXX50類指数は23.99ポイント(0.88%)高の2743.12。

 キャンター?フィッツジェラルドの首席グローバル株式ストラテジスト、スティーブン?ポープ氏は「米新築家販売がたいそう良かった」とした上で「しかし出来高は薄い。企業の決算シーズンは引き続いており、投資自宅は表情見姿勢となっている」と述べた。

 石油大手BP<BP.L>は4.6%高。トニー?ヘイワード最良経営責任者(CEO)の辞任とロパブト?ダドリー氏の新CEO起用が目と鼻の先公表されるとみられている。

 タロー?オイル<TLW.L>も5.1%急伸。ガーナ沖で新たな大規模油田を発見したことが好感された。

 英メディア大手ピアソン<PSON.L>が5.8%上昇。上期決算が根こそぎ門で順調だったほか、一段と具体的な通期の増益視界を示した。

 一方、医薬気品株は軟調。グラクソ?ス手落ちクライン<GSK.L>が1.3%下落した。米紙ウォールストリート?ジャーナル(WSJ)によると、米バイオ医薬気品のジェンザイム<GENZ.O>に対し、グラクソが近頃「たいそうカジュアルな接触」を行った。無料、業界内部筋やアナ書き出したは、サノフィ?アベンティス<SASY.PA>がジェンザイム買収で有利な位置にあるとみている。

 <ユーロ圏債券> 独連邦債が下落し1カ月ぶり安値をつけた。欧州の銀行を対象としたフラストレーション試験(健全性審査)の結果が危険選好を回復させる内容だったことや、米企業の順調な決算、堅調な米家指標を浴びて逃避買いが後退し、ユーロ圏周辺国債をアンダーパフォームした。

 欧州フラストレーション試験の結果は全体的に危険財産を援助する内容と浴び止められ、この昼間の場合間のFTSEユーロファースト300類指数は銀行株主導で0.45%上昇して引けた。欧州STOXX600銀行株指数終値は1.7%高となった。

 6月の米新築家販売が前月比23.6%増と前月から増加に転じ、1980年5月以来の増加率となったことも債券需要を押し下げる要因となった。

 独連邦債先物9月限は60ティック安の127.73。近頃の取引レンジである128.18―129.54を世間れ、一場合6月22昼間の場合間以来の安値と入る127.58をつけた。今後、6月21昼間の場合間につけた安値の127.12までさらに下落する割合もあり、そうなればダブル第一面を形成する割合も出てくる。

 独連邦債10年物利回りは5.4bp上昇して2.766%、同2年物利回りは9.7bp上昇して0.841%となった。10?2年物の利回り格差は3bp縮小し、193bpとなった。

 ユーロ圏周辺国債と独連邦債の利回り格差は縮小。10年物スペイン国債と独連邦債の利回り格差は16ベーシスポイント(bp)縮小して142bpと、5月末以来のレべルとなった。

欧州マーケットサマリー(26昼間の時間)[??:内容2]

欧州マーケットサマリー(26昼間の時間)[??:内容3]

欧州マーケットサマリー(26昼間の時間)[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。