へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向精神薬 暮らし保護受給者2700人が重複処方 厚労省調査症状 病気

向精神薬 暮らし保護受給者2700人が重複処方 厚労省調査今年1月に複数の医療機関から向精神薬を入手している暮らし保護受給者が2746人いたことが27昼間の場合間、厚生労働省の調査で分かった。大阪市西成区の暮らし保護受給者が病気を装って入手した向精神薬が、インターネットで販売されていた異常を浴び、厚労省が全国の自治体に対して調査を行っていた。

 厚労省によると、今年1月場合点で暮らし保護を受給していたのは約183万人。このうち、精神科に通院していた4万2197人のレセプト(診療収入明細書)を調査したところ、2746人が今年1月の1カ月間に複数の医療機関から向精神薬の処方を浴びていた。

 自治体別(都道府県は政令指定都市と中枢市を除いた人数)では、東京都が最多で781人。次いで大阪市(146人)、徳島県(130人)、北九州市(112人)、大阪府(105人)の順に多かった。

 厚労省は今後、医療機関が処方していた向精神薬の類類などを調査し、8月中にも結果を発表する。不可欠があれば自治体を案内して、病人や医療機関などにも真っ直ぐ、理由を聴く方針。

 調査結果について長家内昭厚労相は「中間的な報告で不適切に購入しているかどうかは判明していないが、過剰に処方されている疑いがあるということで追形跡調査し、理由を見極めたい」と話した。


? 転売目的か 受診の暮らし保護受給者、4人に1人が基準量超の向精神薬入手
? 暮らし保護受給者に一番料入手させた向精神薬を転売 容疑の男ら立件へ
? LSD1万片以上を押収 ラトビア人の女逮捕 千葉?成田
? 向精神薬の処方に用心喚起 厚労省「自殺につながる」
? 大阪市が医療扶助を実態調査 診療明細分析データ、初の提供要請
? 倹約希望向による値段破壊はどこまで威勢を増す?

向精神薬 暮らし保護受給者2700人が重複処方 厚労省調査[??:内容2]

向精神薬 暮らし保護受給者2700人が重複処方 厚労省調査[??:内容3]

向精神薬 暮らし保護受給者2700人が重複処方 厚労省調査[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。