へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暮らし保護受給者への向精神薬処方の調査結果を発表-厚労省症状 病気

暮らし保護受給者への向精神薬処方の調査結果を発表-厚労省厚生労働省は7月27昼間の時間、暮らし保護の医療扶助を浴びている暮らし保護受給者に対し、向精神薬の不適切な処方がなされていないかを掴むために、4月に自治体を対象に実施した非常見本調査の一次調査結果を発表した。調査は、大阪市で同月、暮らし保護受給者にうつ病などの病気を装発言させて精神科を受診させ、向精神薬を大量に入手させて転売する事件が起きたことを浴びて実施した。

 医療扶助を浴びている暮らし保護受給者のうち、1月に精神科に通院していた4万2197人のレセプトを抽出し、複数の医療機関から向精神薬を処方されていないかを分析した。その結果、同一月に複数の医療機関から向精神薬を処方されていた人は、全国で2746人に上った。
 これらの暮らし保護受給者については福祉事務所が、向精神薬の処方内容および処方量が適切かどうかを審査するよう、医療機関の主治医や福祉事務所の嘱託医に依頼。不適切な受療行動が確認された時には、その暮らし保護受給者に対して、福祉事務所が一つの医療機関での受診を指導するなど、不可欠な措置を講じることになっている。

 厚労省は、不適切な受療行動が確認された暮らし保護受給者に対する指導?良く状況について、全自治体に対し7月末までに報告を求め、その結果をまとめる(二次調査結果)。現時点では、複数の医療機関から向精神薬を入手していたとしても、直ちに不適切かどうかは判明していないとしており、二次調査結果などを踏まえ見極入れいく方針だ。



? 向精神薬の処方で用心喚起―厚労省
? 自殺対策、自治体の協力が不可欠-長家内厚労相
? 自殺者12年連続3万人超
? 未届けホーム、なお6割目と鼻の先で消防法令違反―消防庁
? 国と自治体、ユニット型特養の整備で“温度差”

暮らし保護受給者への向精神薬処方の調査結果を発表-厚労省[??:内容2]

暮らし保護受給者への向精神薬処方の調査結果を発表-厚労省[??:内容3]

暮らし保護受給者への向精神薬処方の調査結果を発表-厚労省[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。