へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<向精神薬>不正転売事件浴び厚労省が調査症状 病気

<向精神薬>不正転売事件浴び厚労省が調査大阪市内の暮らし保護受給者から不正入手した向精神薬の違法転売事件を浴び、厚生労働省が実施した全国調査で、2746人の暮らし保護受給者が今年1月の1カ月間に、複数の医療機関から向精神薬を処方されていたことがわかった。不正な処方が含まれているおそれがあるとして、同省はさらに探る。

 調査は4月、全国106の都道府県、政令市、中枢市を対象に実施。1月の診療収入明細書(レセプト)を調べ、受診した暮らし保護受給者4万2197人が複数の医療機関から向精神薬を処方されていないか確認した。重複処方の多い自治体は、東京都781人▽大阪市146人▽徳島県130人▽北九州市112人など。

 調査結果を発表した長家内昭厚労相は「不適切な入手かはわからないが、過剰に処方されている疑いもあり、理由を今後洞察する。追形跡調査して結果を発表する」と述べた。

 この異常を巡っては、神奈川県警が今年4月、大阪市西成区の受給者から入手した向精神薬をインターネットで転売したとして、同県横須賀市の男を麻薬及び向精神薬取締法違反で立件している。

 暮らし保護受給者は医療扶助で薬代を労力してもらえるため、転売目的で向精神薬を大量に入手したり、受給者に入手させる、新手の貧困ビジネスの割合もあるとみられる。


向精神薬:過量服薬対策、厚労相が表明 省内にPT
自殺:「薬の処方、用心して」病人の通院先に書面
向精神薬
こころを救助する:向精神薬で自殺未遂、診療所は… 松本俊彦氏の話
こころを救助する:向精神薬で自殺未遂、診療所は… 人、設備足りず拒絶も

<向精神薬>不正転売事件浴び厚労省が調査[??:内容2]

<向精神薬>不正転売事件浴び厚労省が調査[??:内容3]

<向精神薬>不正転売事件浴び厚労省が調査[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。