へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第92回全国高校野球:埼玉大会 決勝は花咲徳栄VS本庄一 /埼玉症状 病気

第92回全国高校野球:埼玉大会 決勝は花咲徳栄VS本庄一 /埼玉◇花咲徳栄が延長サヨナラ、本庄一はあべこべ転勝ち
 第92回全国高校野球選手権埼玉大会は27昼間の場合間、準決勝2競技会が行われ、春夏の甲坊主園連続出場を狙う花咲徳栄と、2年ぶり夏の出場を狙う本庄一が優勝戦に駒を進めた。
 花咲徳栄は橋本祐樹投手(3年)が延長十回を1人で投げ抜き、居座る川越東にサヨナラ勝ちした。ノーシードから勝ち上がった本庄一は、今春の関東大会を連覇した浦和学院に先制されたがあべこべ転勝ちした。
 決勝は28昼間の場合間正午から、県営大宮球場で行われる。
………………………………………………………………………………………………………
 
 ◇川越東、競り負ける
 ▽準決勝
川越東
  1000000100=2
  0010000101=3
花咲徳栄
 (延長十回)
 花咲徳栄は三回、金久保の適場合打で同点に追いついた。八回に勝ち越されたが敵失などから再び同点とし、延長十回、英の適場合打でサヨナラ勝ち。橋本は完投した。川越東は一回、角野の適場合二塁打で先制。八回に鈴木の安打などで機会を作り再あべこべ転した。九回には角野の安打などで2死二塁の機会を作るが生かせず、競り負けた。
 ◇意気込みで立ち継続し
 ○…川越東の高梨雄平投手(3年)はサヨナラの瞬間、マウンド上にうずくまった。準々決勝で左ひざ靱帯(じんたい)を痛めた。痛み止めの薬を飲んで臨んだが、段々とひざが抜けるような痛みが増していったが、意気込みでマウンドに立ち継続した。「初入れ徳栄と力と力のぶつかり合いができた。今昼間の場合間の競技会は生涯、忘れないと思う」と球場を後にした。
 ◇浦学、機会生かせず
本庄一
  000002101=4
  001000000=1
浦和学院
 本庄一は六回、田尻、中沢の適場合打であべこべ転。七回に、田村和の犠飛で1点を追加、九回にも加点し差を広げた。先発田村は1失点に抑えて完投。浦和学院は三回、石田の適場合打で先制。八回には浜田の二塁打で1死二塁の機会をつくるなど7安打を放ったが、打線がつながらなかった。
 ◇けがで手手段浴び…
 ○…浦和学院のベンチでは、準々決勝で左ひざを負傷した原大輔選手(3年)のユニホームが競技会を見守った。4順番バッターだが、この昼間の場合間は病院でひざの手手段を浴びていた。阿部良亮投手(3年)は競技会前、原選手に「お前が次に打席に立ち上がるのは甲坊主園だからな」と話していた。競技会後、阿部投手は「あいつの穴を埋められなかった」と涙を流した。
 ◇ヒットソングで
 ○…川越東のスタンドで流れる応援歌。空に掲げた真っ青なメガホンを有する手をゆっく揺らしながら、全員でヒットソングを歌う=写真。応援団長の山口和真君(3年)は今大会ベンチ入りを逃した野球部員。「ベンチに入らなくても、みんな夢は同じ。全員一緒になって戦いたい」とメガホンを有する手に力が引かれた。
………………………………………………………………………………………………………
 ■山本愛のがんばれナイン
 ◇チームに貢献した一打--本庄一3年?田尻裕紀一塁手
 1点を追いかける六回表。一順番死一、三塁で左前適場合打を放ち、仲間に向かってガッツポーズ。今大会2本の本塁打を記録している田尻裕紀君だが、入学当初は「レギュラーになれるなんて全然思っていなかった」と語る。初っ端は投手を希望望していたが、ひじを痛入れ内野手に。当場合は下半身が弱くバッティングとっくにまくできず、監督によく咎められた。
 転機になったのは、1年の冬に体験した右股(こ)関節の骨折だった。疲労骨折で1カ月間の入院を余儀なくされ、車ポストでの暮らしを送った。立ち上がることも歩くこともままならなかったが、「早く野球がやりたい」との思いからベッドの上でダンベルを持ち上半身を鍛えた。退院後はプールで歩行リハピリをし、1昼間の場合間約3場合間のリハビリも欠かさなかった。努力が実り2年の夏にレギュラー入り。鍛えた上半身のおかげで打球が遠くに跳ねるようになった。
 しかし「バッティングが悪い」と怒られてはベンチ入りメンパブから世間され、今大会前の最後の稽古競技会もBチームで参加した。監督から「レギュラーという心細くないです感に浸っている」と用心されたという。「チームに貢献できて良かった」。満面の笑みで語った。
………………………………………………………………………………………………………
 ■平川昌範の勝負の一球
 ◇神様がくれた機会--花咲徳栄3年?英勇気一塁手
 同点で迎えた延長十回裏、一順番死満塁。一塁手の英(はなぶさ)勇気君(3年)に打順が回ってきた。「一順番死で点が入らなかったらこの回は入らない」。岩井隆監督はベンチで英君を呼んで聞いた。「打つか」。英君は迷った末、「打ちます」と答えた。「神様がくれた機会」。そう思って打席に引かれた。
 英君は八回表、2死一、三塁から自らの失策で勝ち越し点を許していた。ベンチに戻る途中、情けなくて大泣きした。チームは八回裏に追いついたが、責任を感じていた。
 英君の狙い球は直球。向こうバッテリーは後逸を怖がり、変化球は乏しいと見詰めた。
 一方、川越東の山田義和捕手(3年)が出したサインも直球だった。「高梨の一順番自信のある球で勝負させてやりたい」。コースは世間角。英君は世間角が苦手と力ンニソグをしていた。
 高梨雄平投手(3年)は準々決勝でえんこしたひざの痛みをこらえながらの投球。「力で勝負」。直球で三振をとるつもりだった。
 1球目は低めに世間れてボール。2球目の世間角直球。英君は迷わずバットを振り抜いた。サヨナラ打にまた涙があふれた。競技会後ナインにもみくちゃにされた英君。「みんなに感謝の気持ちでいっぱいです」と笑顔で話した。

7月28昼間の場合間朝刊


夏の高校野球:埼玉大会の結果(27昼間の場合間)
夏の高校野球:埼玉大会の結果(25昼間の場合間)
夏の高校野球:埼玉大会の成績(24昼間の場合間)
夏の高校野球:埼玉大会の結果(23昼間の場合間)
夏の高校野球:埼玉大会の結果(22昼間の場合間)

第92回全国高校野球:埼玉大会 決勝は花咲徳栄VS本庄一 /埼玉[??:内容2]

第92回全国高校野球:埼玉大会 決勝は花咲徳栄VS本庄一 /埼玉[??:内容3]

第92回全国高校野球:埼玉大会 決勝は花咲徳栄VS本庄一 /埼玉[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。