へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てんかん医療症状 病気

てんかん医療国内の大学病院で初入れ「てんかん科」を標榜した東北大病院の中里信和てんかん科長は7月27昼間の時間のプレスセミナーで、「てんかん医療の昼間の時間本の課題」と題して講演した。この中で、てんかんにはけいれん以世間にも幻聴など統合失調症と似た発作などがあり、診察が難しく専門医でも診察を間違えることがあることや、てんかん病人の多くは発作以世間にも、うつなどの精神症状や記憶妨げなどの異常を抱えており、複数の診療科で対応することが不可欠なことから、「1人の医師で診療しないことが大事」と述べた。

 中里氏は、国内のてんかん医療における治しています提供体制の異常点として、小児については小児神経科生まれのてんかん専門医が診療している時が多いのに対し、成人の病人をどの科の医師が診るのかが明確でないと指摘。小児の病人が成人しても、小児科医が続けて診療するなどの異常が発生しているとした。

 また、専門医が不補充しており、非専門医による治していますが昼間の時間常化しているとも指摘。昼間の時間本で発売されている抗てんかん薬のうち、昼間の時間本てんかん学会の会員の医師が処方しているのは2割にとどまるとのデータもあるとして、「てんかんはありふれた病だが、安易な病ではない。治すにはそれなりの専門知恵が不可欠だということを知らせていかなくてはいけない」と強調した。



? 血友病、その現状と課題
? 専門医に聞く、LDLコレステロール管理(上)
? 専門医に聞く、LDLコレステロール管理(下)
? 医師も認知度低いむずむず脚症候群
? 「任意接類」疾患の症状、ワクチンの効果は?

てんかん医療[??:内容2]

てんかん医療[??:内容3]

てんかん医療[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。