へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中医協】で診療側がトーンダウン症状 病気

【中医協】で診療側がトーンダウン中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久連れ合い?学習院大経済学部教授)は7月28昼間の時間の総会で、薬事法で承認された効能?効果とは異入る医薬気品(適応世間使用)を例世間的に保険適用とする「55年通知」について引き続き議論した。厚生労働省は、同通知の対象を「再審査期間を終了した医薬気品の適応世間使用に限る」と説明。これまで通知の運用でドラッグ?ラグの解消を強く求入れいた診療側は、トーンダウンせざるを得ない状況となった。遠藤会長は次回の総会で、55年通知をめぐる本格的な協議を始める意向を示したが、今後の議論の行方は不透明だ。

 厚労省がこの昼間の時間示した55年通知に関するデー夕によると、同通知で対象と入るのは再審査期間を終えた適応世間医薬気品で、保険適用の決断は審査支払機関の各審査委員会とされている。同省保険局の磯部総一郎薬剤管理官は、「新薬気品の再審査期間の時、新有効成分は通常8年。オーファンドラッグ(希少疾病用医薬気品)などは10年」とし、「初っ端に薬価収載されてから8年間は、この通知が事実上適用されない」と説明した。

 55年通知の運用を言い分していた診療側の嘉山孝正委員(国立がん探求センター理事長)は、「ほかに何か、中医協としてドラッグ?ラグを解消する手立てを提案できないか」と呼び掛ける一方、「医師のオートノミー(自己決定)でやっても、その後の審査支払機関で認められていないことが多かった」と異常点を指摘した。



? 次期改定に向けた議論の進め方を協議
? 新規保険適用に医療機器2件、高度医療3ノウハウを同意
? 「55年通知」の運用手立てを検討
? 適応世間薬の保険適用、早期議論を同意
? 適応世間医薬気品の保険適用の早期検討を―がん病人70集団が要望

【中医協】で診療側がトーンダウン[??:内容2]

【中医協】で診療側がトーンダウン[??:内容3]

【中医協】で診療側がトーンダウン[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。