へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米当局、ドーピング疑念の捜査でアームストロング関連のデー夕提出追求する症状 病気

米当局、ドーピング疑念の捜査でアームストロング関連のデー夕提出追求する米連邦検察当局は、自転車ロードレースのドーピング疑念の捜査に関連して、ツール?ド?フランスで通算7回の総合優勝体験を有する米選手ランス?アームストロング氏と本職モーション会社の間で行われた過去の調停に関するデー夕の提出を命じる召喚状を送付した。

 対象となったデー夕には、同氏の元チームメートや知り合いの宣誓証言が含まれている。本職モーション会社は調停の際、アームストロング氏がドーピングを行ったと言い分していた。

 SCA本職モーションズの弁護士、ジェフリー?ティロットソン氏は、記録を追求する召喚状を16昼間の時間に浴び取ったことを明らかにした。同氏は、ロサンゼルスの連邦地検にデー夕を送る用意をしている最中だと述べた。

 アームストロング氏はこれまで、繰り返しドーピング疑念を否定しており、起訴されたことはない。

 米国で、スポーツで運きっかけ能向上のためのノウハウを用いることは、一般的に違法ではない。無料、薬物の「不使用」を前提にスポンサーから賞金を得たにもかかわらず、薬物の「使用」が実証された時、アームストロング氏は投資自宅を裏切っていましたことになり、連邦検察による立件は可能だ。

 この捜査を主導する米連邦食気品医薬気品局(FDA)のジェフ?ノヴィツキー特別捜査官は、コメントを拒絶している。裁判を担当するロサンゼルス地裁の2人の検事補にコメントを求めたが、回答は得られていない。

 SCAとアームストロング氏の係争は2004年に始まった。SCAは、ドーピングに関する報道などを事情に、アームストロング氏への賞金500万ドルの支払いを拒絶した。

 これを浴びて、アームストロング氏と米国郵政公社(USポスタル)チームの運営会社、テールウィンド?スポーツは、支払いを求入れSCAを訴えた。その後、この訴訟は調停に持ち込まれ、アームストロング氏らが金利?弁護士経費を含む750万ドルを浴び取ることで一件決着した。

SCAが2年間かけて集めた調停デー夕に関しては、多くの情報がすでに報じられている。

 それによると、アームストロング氏がドーピングを行っていたところを見詰めた、との目撃者の証言はない。06年に行われた元チームメートのスティーブン?スワート氏の宣誓証言では、1995年3月に自転車に乗っている最中、アームストロング氏が、赤血球の数を増やす効果のある禁止薬物EPO(エリスロポエチン)を使う予定だと明言した、との証言があった。

 この証言でスワート氏は、「われわれがこの年のツアーを勝ち抜くため、EPOを医学的に使う本職グラムを始める不可欠がある」とアームストロング氏が企てている印象を持った、と述べた。

 一方、アームストロング氏は証言で、スワート氏とのコミュニケ一ションを否定。「(スワート氏がなぜそのようなことを言うのか)わからない」と述べた。

 また、調停ファイルによると、別の元チームメート、フランキー?アンドルー氏とその自宅内、ベッツイーさんは、アームストロング氏が1996年にインディアナ州の病院を訪れた際、機能向上薬の使用について医者に話したと聞いたことがある、と証言した。

 これについて同氏は、証言の中で、アンドルー連れ合い人の発言の意図がわからない、わかっているのは「彼女が自分を嫌っていること」だと述べた。

 元チームメートのフロイド?ランディス氏は、同氏が別の禁止行為、レース中の自己輸血を行っていたと告発している。

 同氏は、薬物検査で落第処分を浴びたことはない。

 アームストロング氏が今月、当局の捜査に備えて契約を結んだホワイトカラー犯罪専門のロサンゼルスのブライアン?ダリー弁護士は、「アームストロング氏やほかの自転車選手に対して、当局がどう立件するのか理解に苦しむ。ロードレースの内部規定の順守と、国際試合での違反の有一番について、連邦刑法が立ちなることは想像できない」と語った。

 ダリー氏は23昼間の時間、アームストロング氏が捜査のピントとなっているかは「確認が取れていない」としたうえで、「彼はドーピング検査で陽性になったことは一度もない。彼が嘘をついていないことは、ロードレースの基準に基づく客観物証が実証している」と述べた。

 当局がアームストロング氏に対してどのような罪状を突きつけるのかはわからない。当局はこれまで、幅広い捜査網を張っていた。近頃では、複数の自転車競技選手およびその弁護士と、ツール?ド?フランス終了後の協力を求入れ話し合いを行ってきた。今年のツール?ド?フランスは25昼間の時間にパリで終了した。

 捜査当局は23昼間の時間、アームストロング氏と99~01年の3シーズン、共にツール?ド?フランスに参戦したタイラー?ハミルトン氏に大陪審での証言を追求する召喚状を送付した。ハミルトン氏の弁護士が明らかにした。

 法律の専門自宅によると、「アームストロング氏とUSポスタル幹部が、ツール?ド?フランスの勝利を目指してスポンサーからお金を集める一方で、ドーピングを行うという詐欺行とばっちりで関与していた」と検察が言い分するうえで、調停デー夕は役立ち上がる割合があるという。

 当局は、このデー夕を使うことにより、宣誓証言で禁止薬物の使用や自己輸血を否定したアームストロング氏を偽証罪で起訴することが可能になるかもしれない。

インディアナ州のバルパライソ?ユニパブシティ?スポーツ?ロー?クリニックの弁護士、マイク?シュトラウベル氏は「検察がドーピングを事情に誰かを起訴するということはないだろう。法廷偽証罪や連邦捜査員に対する偽証罪といった、何らか形での詐欺という二次的な違法行為での起訴になるだろう」と述べた。


? ツール?ド?フランス優勝の希望消える-アームストロング
? 「血分けた兄弟」-自転車ロードレース選手ランディスが輸血の内幕暴露
? 米当局の自転車競技ドーピング調査に欧州調査官が協力
? メジャーリーグ投手はパラサイトシングル !?
? 昼間の時間焼け防止アプリのスグレモノ度

米当局、ドーピング疑念の捜査でアームストロング関連のデー夕提出追求する[??:内容2]

米当局、ドーピング疑念の捜査でアームストロング関連のデー夕提出追求する[??:内容3]

米当局、ドーピング疑念の捜査でアームストロング関連のデー夕提出追求する[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。