へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最主力のクレストールが売り上げ3割増―英アストラゼネカ症状 病気

最主力のクレストールが売り上げ3割増―英アストラゼネカ英アストラゼネカは7月29昼間の場合間、今年第2四半期(4-6月)決算を公表した。売上高は前年同期比3%増の82億ドル、純利益は23%増の21億ドルだった。最主力気品の高脂血症治しています薬クレストールの売り上げは27%増の14億ドルで、このうち米国は24%増の7億ドル、西欧は18%増の3億ドル、新興マーケットは36%増の2億ドルとなったほか、昼間の場合間本、カナダ、オーストラリアなどの「既成マーケット」では36%増の3億ドルだった。

 気管支喘息治しています薬シムビコートは21%増の7億ドル。既成マーケットでは1月に発売した昼間の場合間本での売り上げが寄与し、62%増の6000万ドルだった。

 上半期(1-6月)の業績は、売上高が7%増の168億ドル、純利益は27%増の49億ドルだった。 

■FDAの諮問委員会が抗血小板薬Brilintaの承認を推奨
 同社は同昼間の場合間、米食気品医薬気品局(FDA)の諮問委員会が、同社の経口抗血小板薬Brilintaを承認すべきと鑑定したと公表した。
 鑑定は、海世間43か国の1万8624人の急性冠症候群病人を対象に、クロピドグレル(サノフィ?アベンティスのプラビックス)と比較したPLATOテストの結果に基づく。それによると、主要評価項目である心血管イベント発症危険(心血管死、心筋梗塞、脳卒中)を、プラビックス群の11.7%に対し、9.8%と有意に抑制した(12か生理緯場合点)。安全性については、大出血危険がプラビックス群で11.2%、Brilinta群で11.6%だった。
 昼間の場合間本ではフェーズ2テストを実施中。



? パルミコートとアレロックが小児で使用可能に
? アドエアの情報提供、8月からGSKに一本化
? アナ書き出したに聞く製薬業界の動き(上)―酒井文義氏(クレディ?スイス証券医薬気品シニア?アナ書き出した)
? 世界製薬大手12社が増収
? 昨年の全世界売り上げ7%増―アストラゼネカ

最主力のクレストールが売り上げ3割増―英アストラゼネカ[??:内容2]

最主力のクレストールが売り上げ3割増―英アストラゼネカ[??:内容3]

最主力のクレストールが売り上げ3割増―英アストラゼネカ[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。