へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏肌ごたごたに“ハトムギ”症状 病気

夏肌ごたごたに“ハトムギ”このページの先鶏冠ですこのページの本文へ

お知らせ:
機能充実の「IE8」で色々な動画を楽しとっくに!(一番料)
Yahoo!ニュースログイン
IDでなおさら便利に[ 新規取得 ]Yahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 動画
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社
        ここから本文です

        夏肌ごたごたに“ハトムギ”昼間の時間経ウーマンオンライン(昼間の時間経ヘルス) 8月9昼間の時間(月)11時36分配信 夏肌ごたごたに“ハトムギ” ハトムギを緑豆と一緒にゆで…  シンガポールに戻り、エアコンなしで眠ることができる幸せを風堪能する。最良気温30度強、最低気温25度のシンガポールが「涼しい」と感じるのは、尋常ではない東京の暑さを経験してきたからだろう。



         今回、特に痛感したのは肌の不愉快感。べたついた大気の層の中でなんだか肌が息苦しそうなのだ。かく汗も、シンガポールにいるときとは異なるような気がする。暑さと湿気による肌ごたごたは絶対に少なくないのではないかと思い、旧知の中医師、邱紅梅先生に尋ねてみる。

        「今年は雨季時から比較的気温が高かったせいか、6月半ばから肌ごたごたに悩む人が多い」とのこと。単に数が多いだけでなく、例年とはごたごたのタイプが違っていることにも気づいたという。

         一般的に夏に肌ごたごたを起こしやすいのは、「体に熱がこもりやすい」タイプの人。「体の中の『熱』とうまいに付き合おう」でも書いたように、赤いニキビや湿疹が出やすい、顔が赤い、ほてりやすい、などのめりはりがある。そして、夏に悪化することが多い。こういう「熱タイプ」の肌ごたごたには、熱を冷ます作用が強い「清熱解毒(せいねつげどく)作用」のある漢方薬を用いるのが一般的だ。

         しかし、ここに湿気が絡んできた時、用いる薬がまた変わってくる。邱先生が今年大きな手応えを感じているのは「薏苡仁(よくいにん)」、つまり、ハトムギだという(「体の中の『熱』とうまいに付き合おう」参照)。静かながら、湿熱(余計な水気+熱)を除去する作用があり、雨季時には特に頼りに入る食材だ。昔から美肌効果がある食材として知られてきたのは、湿熱による肌ごたごたがそれだけ多いということなのかもしれない。

         肌のごたごたは、化粧気品や世間用薬で何とかしようと考える人が多いと思う。けれど、暑さや湿気といった要素は、体の内側にもしっかりと影響を与えている。肌ごたごたの根本的な決着のためには、世間側からのケアだけでなく、インナーケアも併用するのがいい。そのときの体のコンディションに合っていれば、ハトムギのような静かな食材だけでも、てきめんに効果が表れるのだ。

         無料、インナーケアを実践するには、自分の体のコンディションをよく知ることが大事なので、その見極めはなかなか五月蝿い。確実に自分に合った対処法を見つけたいのなら、専門自宅に打ち合わせるのがいちばんだが、その前にとりあえずあれこれ試してみたい、という人も多いだろう。

         そんなときには、肌だけでなく、自分の体のあちこちに目を向けよう。細かく分析しなくても「なんとなく達者になったみたい」「便秘や肩こりがよくなった」など、大ざっぱな感触だけでもいい。そして、「これが効く!」と睨んだものでも、やめどきがあることをお忘れなく。季節はびりびり移り変わり、体のコンディションも季節に応じて変化していく。夏のあとには、乾燥の季節である秋が待っている。

         次回は、秋に向けた対策も含めた肌のアンチエイジングについて紹介したい。



        夏バテ予防のこつは「おなか」にあり!
        「魚は体にいい」は本当?
        体の中の「熱」とうまいに付き合おう
        「疲れ対策」は季節によって異入る
        女性に丁度の漢方食材を使いこなす
        最終書き換え:8月9昼間の時間(月)11時36分昼間の時間経ウーマンオンライン(昼間の時間経ヘルス) 

        夏肌ごたごたに“ハトムギ”[??:内容2]

        夏肌ごたごたに“ハトムギ”[??:内容3]

        夏肌ごたごたに“ハトムギ”[??:内容4]


        スポンサーサイト

        テーマ : 医療・病気・治療
        ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。