へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産後鬱病、10人に1人が発症 心もとない見過ごさないで症状 病気

産後鬱病、10人に1人が発症 心もとない見過ごさないで出産直後の母親の約10人に1人が発症するといわれる「産後鬱病(うつびょう)」。7月下旬、仙台市のマンションから飛び降り自殺したとみられる昼間の時間本テレビの女性アナウンサー(34)も産後鬱病だったとされる。産後鬱病はどのような病なのか。自宅族や周りは病人をどう拠り所ればよいのか。(津川綾坊主)

[表で見る]産後鬱病の症状

 ◆自分を責める

 産後鬱病は、産後3カ月~半年の時期に発症しやすい。産後、神経内分泌系の中核機能が急激に変わり、ホルモン分泌の均衡が崩れることや、坊主育てが始まるなど出産前と暮らし環境界がガラリと変わることなどと関係があるとされる。主な症状は、イライラや疲れやすい、一順番興味、眠れないなど。このほか、育児や自宅事をこなせないことで自分を責めたり、極度の心もとないにも見舞われたりする。

 山梨大学大学院の山縣然太朗(やまがた?ぜんたろう)教授(公衆衛生学)らの調べでは、平成21年、全国386自治体で行った「エジンバラ産後うつ病自己質問票(EPDS)」による調査で、「産後鬱病の割合がある」とされた高得点者の割合は10?3%だった。自己評価が低い人や育児フラストレーションを感じている人がかかりやすいという。三深刻学の岡野禎治(無料はる)教授(周産期精神医学)は「自宅族や周りのサポートがない環境界に身を置く時も産後鬱になりやすい」と説明。重症化すると自殺念慮(ねんりょ)が生じることもあり、早めの対処が大切だ。

 ◆世間見では決断できず

 「産後鬱病」を早期発見で治していますにつなげようと、全国の区市町村では新生児訪問時などにEPDSによる一次評価を行い、産後の母親の心理状況などを探る動向が広がっている。

 石川県は平成15年から産後1カ月検診時に母親へEPDSを実施している。危険が高いと決断したケースでは管轄の保健所に返事。保健師が自宅庭訪問をして母親の育児環境界や心理を聞きとり、不可欠に応じて受診を勧めたりして訪問を継続する。

 石川県内(金沢市除く)で昨年度、EPDSによって危険が高いと決断されたのは、約5200人のうち352人。県少坊主化対策監室母坊主保健?食育グループの小林千鶴リーダーは「産後鬱かどうかは世間見では分からない。質問票を一順番くなってコンディションを掴むことで、深い話を聞き出すことができる」と話している。

 ■連れ合いのサポート不可欠

 産後の自宅内にとって一順番身近な存在が連れ合いだ。だが、産後鬱病についての情報が行き届かないままでは、自宅内をどう拠り所ればよいのか分からない。こうした中、NPO法人「ファザーリング?ジャパン」(東京都文京区)などが9昼間の時間夜、非常フォーラム「父親たちで考える“産後うつ”異常」を開催。会社帰りの父親ら約180人が、自宅内の産後鬱病を体験した連れ合いの体験談などに耳を傾けた。

 「初っ端は自宅内が育児に疲れて泣き言を言うっているだけ、なんて思っていました」と、千代田区の2児の父親(46)。約7年前に自宅内(44)が産後鬱病を発症した体験談を、こう切り出した。

 自宅内の育児がとてもならばとベビーシッターや自宅政婦を雇ったが、それは他人任せにしてい無料けと振り返った。その後、自宅内との時間を大切にし、診断やカウンセリングに付き添った。「一順番の特効薬はパパが真っ直ぐ、自宅内をサポートすること」と実感。自宅内は近頃、職場復帰を果たしたという。

 自身も闘病体験がある自助グループ「ママブルーネットワーク」(仙台市)の宮崎弘美代表は「連れ合いは拠り所ようとしてくれたがどこかズレていた。ぜひ自宅内に『何をしてほしい』と聞いてほしい」と呼びかけた。

 無料、フォーラムの参加者は意識が高いが、異常は一順番興味層。専門自宅は「ここで聞いたことを同僚との飲み会や近所のパブベキュー会でも話して」と話した。

EPDS

 エジンバラ産後うつ病自己質問票。1987年に英国で開発され、現在、三深刻教授の岡野禎治氏らによって昼間の時間本に導入された。出産後の母親に「不幸せな気分なので、眠りにくかった」など近頃1週間以内に痛感したことを10項目で報いてもらい、産後鬱病の危険が高いケースを検出する。10項目30点満点中、9点以上の時、助産師?保健師らによる面接による二次評価を実施。「産後鬱」の割合が高い人を専門医の受診?治していますにつなげるのが狙い。



うつ病発症防ぐ脳内分坊主機能を解明 群大探求グループ
自宅庭と仕事の両立入るか…増える「産休切り」
鬱病対策 病人増 バックに経済グローバル化
国自宅公務員、長期休職が急増 管理職に心の病対策研修を
仮病に見える? 非定型鬱病 できる範囲の仕事を
ロシアの”裏庭”で中国が資源獲得に動いている

産後鬱病、10人に1人が発症 心もとない見過ごさないで[??:内容2]

産後鬱病、10人に1人が発症 心もとない見過ごさないで[??:内容3]

産後鬱病、10人に1人が発症 心もとない見過ごさないで[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。