へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口蹄疫対応 派遣の神奈川県職員が報告症状 病気

口蹄疫対応 派遣の神奈川県職員が報告宮崎県から27昼間の時間に終息宣言が出される計画の口蹄(こうてい)疫異常で、自宅畜の殺処分などのために神奈川県から派遣された獣医師らが現地での活動を報告した。都市部に農自宅が点在する地域もある神奈川県で、宮崎県の体験は生かせるのか。

 口蹄疫は4月20昼間の時間に宮崎県都農(つの)町で初っ端に確認され、計5市6町に拡大。国内初の殺処分を前提としたワクチン接類も実施され、押さえ込むまでに約3カ月を要した。感染疑いとなったり、ワクチン接類を浴びたりして殺処分された自宅畜は約29万鶏冠に上った。

 神奈川県は4月29昼間の時間~7月2昼間の時間、畜産課や自宅畜保健衛生所などの獣医師ら職員14人を延べ100昼間の時間間、派遣した。引き返した獣医師らは「(殺処分後に埋入れも)翌昼間の時間には体内から発生したガスが土を越え、マスクをしても呼吸が困難なほど」などと現場の表情を生々しく語った。

 殺処分に携わった獣医師によると、牛200鶏冠を飼う農場での時、約10人ずつ3班に分かれて牛に薬を打って倒し、搬出して埋める作業を次々とこなす。農自宅側の動作は「農自宅は当昼間の時間まで餌をやる。大切にしている牛だけに、立ち合う人もいれば、見ていられないという人もいた」。獣医師への反発はなく、むしろ感謝されたという。

 神奈川県のような都市部で起きた時の課題として、獣医師らは一般車両も含めた消毒を行う敷地をどこに設けるかを挙げた。「神奈川県は自宅畜が乏しいのでウイルスが増えず、爆発的な拡大はない。宮崎県は農場が連なって存在し、順々に感染していった」と規模の相違を指摘し、「24時間以内に発見し殺処分できれば、初っ端の1軒で押さえ込める割合もある」と初動の重要性を訴えた。

 また、「全国の都道府県から集まる応援職員を、どう配置するかのシミュレーションが不可欠だ。防疫資材の発注や補給の段取りには、市町村職員との連携も欠かせない」と述べた。


口蹄疫被災者に「勇気と感動を」 宮崎?延岡学園
宮崎県、国とは別に検証委 口蹄疫
両陛下、口蹄疫異常で東国原知事とご面会
宮崎口蹄疫復興“火の鳥”マークを作成 JA、手塚本職がタッグ
「苦しんだ人に勇気と感動を」力を込める宮崎?延岡学園
ロシアの”裏庭”で中国が資源獲得に動いている

口蹄疫対応 派遣の神奈川県職員が報告[??:内容2]

口蹄疫対応 派遣の神奈川県職員が報告[??:内容3]

口蹄疫対応 派遣の神奈川県職員が報告[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。