へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神科医療での厚労相答弁―昼間の時間医症状 病気

精神科医療での厚労相答弁―昼間の時間医昼間の場合間本医師会は8月11昼間の場合間の定例記者会見で、「精神科医療に対する参議院予算委員会における質問?答弁について」と題する見解を公表した。見解では、長家内昭厚生労働相が同委員会で「うつ病についての薬漬けの異常」などと発言したことに対し、「医療機関でのうつ病への対応について、大衆の誤解を招く」と指摘している。

 見解は、4昼間の場合間の参院予算委における自殺対策などについての桜井充氏(民主党)の質問に対する長家内厚労相の答弁を浴びたもの。
 桜井氏は質問の中で、「統合失調症という疾患に関して、昼間の場合間本はずば抜けて薬剤を多く使用する」と指摘。また、長家内厚労相は「自殺をされた方のかなりの部分が、向精神薬を過剰に摂取していたとのデータもある」と発言した。

 昼間の場合間医の見解では、長家内厚労相が言う「データ」は、昨年度の厚労科学探求費補助金の「心情学的剖検データベースを活用した自殺の元で分析に関する探求」の結果などを指しているとの考えを示した上で、同探求は、▽限られた76人の自殺既遂者を対象としている▽「過量服薬」を「死亡場合に向精神薬を医師の指示より多く服用していた者」と定義しているが、向精神薬の類類や具体的な分量など、詳細な定義がなされていない―と指摘した。
 また、長家内厚労相が答弁で「薬漬け」と発言したことについて、「医療機関でのうつ病への対応について、大衆の誤解を招くもの」との心配を表明。精神科医療に対する心もとないを助長し、医療機関の信頼を失うことになりかねないと指摘している。
 さらに、厚労相が「薬を使わない療法にも注力をしていくということで、一定程度その流れを4月の診療収入改定で変えたと思っている」と発言したことに対しては、軽中度のうつ病などでは認知行動療法は有効だが、重度に入ると向精神薬での治していますが不可避であると指摘。「いたずらに認知行動療法へ誘導することは、現場の混乱を招きかねない」としている。
 その上で、かかりつけ医による早期発見と専門医との連携の重要性を強調。社会異常化している「うつ?自殺」への対策に当たり、精神科医療の現場の声に真摯に耳を傾け、適切な対応を取るよう求入れいる。

 記者会見した三上裕司常任理事は、「大臣がメディアの前でこういうことを告白すると、精神科の医療機関に対する大衆の抵抗感がたいそう強い中で、さらにその抵抗感が強まるのではないか」「多くの精神科医療機関が、うつ病治していますにたいそう大量の薬を無くなっている印象を大衆に与えかねない」との心配を示した。


自殺対策、自治体の協力が必要-長家内厚労相
向精神薬の処方で用心喚起―厚労省
自殺者12年連続3万人超
精神医療の在り方で議論―厚労省検討チーム
自殺?うつ病対策の5本柱まとまる―厚労省PT

精神科医療での厚労相答弁―昼間の時間医[??:内容2]

精神科医療での厚労相答弁―昼間の時間医[??:内容3]

精神科医療での厚労相答弁―昼間の時間医[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。