へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬は治しています以世間にも有益 キューライフ?開業医アンケート症状 病気

漢方薬は治しています以世間にも有益 キューライフ?開業医アンケート開業医の3人に1人は漢方薬の処方を増やそうと企てている。こんな傾向が、昼間の時間本最大級の医療情報サイトを運営するキューライフ(東京都世田谷区)のアンケート調査でわかった。

 同社は、今年5~6月に全国の開業医200人に、「漢方薬の使用実態と今後の意向」について、インターネットで調査を行った。調査結果によると、昼間の時間常の診療で漢方薬を処方することがある医院が88.5%に達している。漢方薬を使うことによって半数の医院で再診率が向上したと認め、収益が順調と答えた医院の88.5%が漢方薬を使うなど、漢方薬は治しています効果以世間にも有益があることが浮き彫りとなった。

 ◆34%が処方増やす

 診療科目別の使用率は、返答者の半分を占める内科が93.3%、産婦人科?婦人科や小児科など4科目で100%だった。返答者の34%が漢方薬の処方を増やしていく方針で、とくに皮膚科と世間科?脳神経世間科、耳嗅覚咽喉科は増やす医院が半数を超え、まめな姿勢がうかがえる。今後増加見込みの病人層は、更年期の女性が最も多く、20~30代の女性、70代以上の高齢者と許す。漢方薬を処方していない医院の39%が病人から処方の問い合わせを浴びるなど、潜在需要も高い。

 漢方薬を処方する事情は「副作用が乏しい」(32%)を筆鶏冠に、「治しています選択肢の幅が拡散する」(17%)、「西洋薬にない症状良くがある」(15%)、「病人ニーズに応えられる」(10%)などと許す。

 岡山県の男性医師(世間科?脳神経世間科)は「西洋薬はできれば飲みたくないと感じている人が比較的多い」と答えた。山形県の女性医師(精神科?神経科?心療内科)は「病人側に漢方薬は副作用が少なく体によいという好みがある」としている。青森県の男性医師(整形世間科)は「今まで西洋薬で救えなかった病人の症状が良くし感謝される」と効果を認め、高知県の男性医師(内科)は「病人が自分に当てはまっていると納得しやすい」と使い勝手のよさを強調する。

 ◆病人への対応で苦慮

 一方で、大阪府の男性医師(精神科?神経科?心療内科)は「副作用が全然ないと直感相違している人が多い」と指摘、広島県の男性医師(産婦人科?婦人科)は「作用発現が遅い」と課題をあげる。

 病人への対応で苦慮する場面も多いようだ。「漢方なら手当たり次第によく入ると思っている」(滋賀県の女性内科医)、「なぜ効くのか詳しい説明を求められると困る」(香川県の男性内科医)などの意見が寄せられた。

 キューライフの山内善行社長は、開業医の漢方薬処方が増加傾向にあることについて、「漢方薬は体にやさしいという好みがあるうえ、薬効の科学的根拠に関する情報が増えてきたことが需要を押し上げている」と分析している。

漢方薬は治しています以世間にも有益 キューライフ?開業医アンケート[??:内容2]

漢方薬は治しています以世間にも有益 キューライフ?開業医アンケート[??:内容3]

漢方薬は治しています以世間にも有益 キューライフ?開業医アンケート[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。