へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米著名エコノ手落ちト、FRBの追加緩和策の効果に総じて懐疑的症状 病気

米著名エコノ手落ちト、FRBの追加緩和策の効果に総じて懐疑的[11昼間の時間 ロイター] 米連邦用意理事会(FRB)が10昼間の時間の連邦公開マーケット委員会(FOMC)で、再び金融緩和にピントをシフトさせ、見る間に方針転換したことを浴び、FRBの次の動向や、追加緩和策にどの程度の効果があるのかについて懐疑的な見方が出ている。

 FRBは10昼間の時間、景気回復ペースが減速したとの認識を示し、国内証券の保有を徐々に縮小する代わりに安定したレべルに保つ方針を示した。

 FRBの措置は、追加刺激効果を提供するためのよりまめな長期財産購入本職グラムへの道を開いたが、それを太鼓判を押すものではない。FRBは政策金利をゼロ付近に引き下げた後、2009年に財産を買う事実上の量的緩和政策に踏み出した。

 以下は、追加財産購入措置がどの程度効果的かに関する著名エコノ手落ちトの見解。 

 <オハイオ州立大学のRENE STULZ教授> 

 大切な課題は長期的に持続可能な発育を生み出すことだ。量的緩和はそれをしない。一部の金利が人為的に低レべルに維持されるため、経済に一段のゆがみが生じるだろう。こうしたゆがみはバブルのような現象を引き起こし、心もとない定な状況を生み出し、企業の警戒感が強まる割合がある。金利はこれまで極入れ低いレべルに維持されてきたが、生産的な投資につながっていない。

 量的緩和のロジックは大量の流動性を便秘気味てサブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向け家借金)ピンチをもたらしたロジックと同じだ。それは、長期的な原価なしに経済の微調整を行う政策当局者の才能への過信に依存している。こうした過信は予想相違であり、政策のピントは長期的に持続無茶苦茶な人為的な消費の伸びを再度生み出す術を模索することであってはならない。

 <カリフォルニア大学サンディエゴ校のジェームズ?ハミルトン教授> 

 FRBは長期金利を数ベーシスポイント(bp)押し下げる割合のあるたいそう慎ましい措置を取った。彼らが景気減速に対し、なおさらまめな措置を取らなかったことは、こうしたあまり伝統的でないツールを用いることにそれほど自信がなく、さらに積み増すことに入る均衡シートに抱える巨額の財産と借金に対処する長期的な才能について幾分心配していることを示している。FRBは、家借金マーケットと家セクターへの特定の支援を解除し、代わりに全般的な長期金利を低レべルに保つことを目指したい意向を示している。  

 <マサチューセッツ工科大学ス借金経営大学院のサイモン?ジョンソン教授> 

 FRBが10昼間の時間公表した方針が大きな変化をもたらす割合は低い。世界経済は主に、世界的な債務の救済サイクルの結果として各国の均衡シートに残された傷形跡のため、減速している。最終的にはたいそう低い金利は発育の再開を援助するだろうが、遺憾ながら、効果的な規制の欠如と弱い資本基準を踏まえると、国境界を越えたリスクな信用ブームの再開にもつながるだろう。 

 <スタンフォード大学のダレル?ダフィー教授> 

 昼間の時間本のような本当の流動性のわなに陥った時、同じような量的緩和で、米国債を買うために紙幣を増刷することは、あまり助けにならない。われわれは現時点では本当の流動性のわなに陥っていない。パブナンキ議長は過去にそれを回避するための様々な政策術を有していると述べている。ピンチの最中にわれわれがパブナンキ議長について学んだことがあるとすれば、不可欠とされると決断した時に異例に強力な措置を取ることに議長が前向きであるということだ。 

 <エール大学のロパブト?シラー教授>

 モーゲージ証券マーケットを真っ直ぐ援助する代わりに国債を買うことで、FRBはリスクな戦略を奪っている。09年のモーゲージ証券買い取り本職グラムは家借金金利と国債10年物の利回りスプレッドを大幅に縮小させたが、この本職グラムは終了した。家マーケットへの効果が大きいとみられた家購入者向け税控除措置の終了で、家マーケットは岐路に立っている。家値段が06―09年に見られた下向きの道を再び進み始めた時、マーケットの信頼に重大な悪影響をもたらすだろう。

 <ダートマス大学タック?スクール?オブ?ビジネスのマシュー?スローター教授>

 FRBは、経済発育の減速、たいそう高レべルの失業率および不完全雇用、デフレの脅威について心配を強入れいる。たいそう景気刺激的な金融政策は全体の需要を促進し、デフレを回避するのに役立ち上がるかもしれない。しかし、量的緩和は万能薬ではない。

 金融政策当局が何をしても、財政政策と、より広範囲にわたる構造的な経済政策に異常がある時、需要の伸びと雇用の障害に入る割合があるという警告的な戒めを昼間の時間本は提供している。

 (Mark Felsenthal記者;翻経緯 佐藤久仁坊主 ;編集 宮崎亜巳)


昼間の時間銀のピンチ管理才能に疑わしいの声、「量」拡大政策が選択肢に
欧州の中銀、FRBの緩和スタンスと一線画しつつ米経済を注視
円が一時15年ぶり高値、世界経済心配でドル指数は大幅上昇
序盤の欧州株は下落、FOMCは支援素材とならず
ドル85円序盤、下値攻めモメンタム最盛期上がらず

米著名エコノ手落ちト、FRBの追加緩和策の効果に総じて懐疑的[??:内容2]

米著名エコノ手落ちト、FRBの追加緩和策の効果に総じて懐疑的[??:内容3]

米著名エコノ手落ちト、FRBの追加緩和策の効果に総じて懐疑的[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。