へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銘柄巡回(2):ケネディクス、TOWA、第一精工、シークスなど症状 病気

銘柄巡回(2):ケネディクス、TOWA、第一精工、シークスなどケネディクス <4321> 14550 +160
 反発。11昼間の場合間、10年12月期第2四半期連結業績の上方修正を公表。営業収益は231億7000万円(前回見当比2.1%増)、営業利益は54億2000万円(同8.4%増)、経常利益は29億1000万円(同45.5%増)、四半期純損失は5億3000万円(前回見当は16億円の損失)に上方修正した。なお、10年12月期通期連結業績見当については、前回見当公表場合に比して著しい事業環境界の変化は生じておらず、今後の視界を変更する状況には至っていないと考えられることから、前回見当を据え置いている。

 TOWA <6315> 585 +44
 大幅反発。11昼間の場合間、11年3月期通期連結業績の上方修正と期末配当実施を公表。売上高は220億円(前回見当比10.0%増)、営業利益は29億円(同190.0%増)、経常利益は28億5000万円(同216.7%増)、当期純利益は28億円(同250.0%増)に上方修正した。損益については、連結売上高が当初計画を超えることや、継続して取り組んできた製気品のコスト低減、能率的な生産体制の確立等により当初計画を大きく超えるレべルを確保している。為替相場の変動など心もとない定要素はあるものの、現在のマーケット環境界においては大幅な利益率の変動を強いられる事態は想定されず、営業利益は19億円引き上げ、経常利益は19億5000万円引き上げ、当期純利益は20億円引き上げた。また、1株当り10円の期末配当を実施すると公表。以前は未定。この結果、年間配当は10円。前期は一番配。

 第一精工 <6640> 3340 +295
 大幅反発。11昼間の場合間、11年3月期通期個別業績の上方修正を公表。売上高は296億7000万円(前回見当比6.0%増)、営業利益は31億5000万円(同53.7%増)、経常利益は37億円(同42.3%増)、当期純利益は19億円(同46.2%増)に上方修正した。第2四半期累計の売上高は、電気?電坊主部気品事業において、LEDバックライト光源のノートパソコンの需要増やタッチパネル方式のタブレットパソコンが順調な売れ行きを示したことから、細線同軸縁故クタが順調に推移し、当初見当を超える見込み。みずほ証券は、同社の投資決断「アウトパフォーム」、夢株価7500円を継続した。TabletPC向け中心に多極の細線同軸縁故クタが高い発育を継続し業績を牽引しているという。TabletPC等の新規マーケットに経営資源を振り向ける戦略が奏功しており、12年3月期も業績発育が許すと見当するそうだ。

 シークス <7613> 866 +1
 小幅続伸。みずほ証券は、同社の夢株価1700円、投資決断「アウトパフォーム」を継続した。8月11昼間の場合間に公表された10年12月期2Q決算は、ポジティブな内容であったという。足元の事業環境界も現状では、変調はきたしていないもようだそうだ。主要顧客である昼間の場合間系メーカーの海世間展開、世間注委託需要の拡大をバックに、同社の発育性は引き続き大きいというみずほ証券の見方を継続しるという。なお、みずほ証券では取材後に改入れ業績見当を見訂正する計画であるという。また、いちよし経済探求所は、同社のレーティング「A」、フェアバリュー1600円を継続した。同社は、色々な領域でテーラーメイドサービス型EMS(電坊主機器受託製造サービス)を希望向しているが、業績安定性と潜在発育性を兼備しているといちよしではみているという。

 第生涯命 <8750> 108000 -6500
 4昼間の場合間続落。野村證券は、同社のレーティング「1」を継続し、夢株価は以前の25.7万円を17.3万円に引き下げた。金融マーケットの低迷を浴びて11年3月期末調整後見当EVは10年3月期末対比24.0%減少すると試算されたが、金融マーケットの変化によるEV増減の影響を除いた同社の修正ROEVは10.2%であるという。解約?失能率の低下、新契約高増加など保険業績は堅調だそうだ。株価/EV倍率0.55倍には割安感があり、レーティング「1」を継続しるという。

 明治HD <2269> 3800 +95
 反発。野村證券は、同社のレーティング「1」を継続し、夢株価は以前の4400円を4500円に引き上げた。4-6月期決算は、薬価改定の影響や国内食気品マーケットの厳格販売環境界の中でも、医薬気品、乳製気品、菓坊主?健康の全セグメントが増益を確保したという。中でも医薬気品事業は、会社よりも強くみていた野村見当を超えるものであり、野村見当を11年3月期以降上方修正したそうだ。12年3月期も高発育が許すことが見込まれ、割安感がさらに高まったと指摘。

 JFEHD <5411> 2654 -31
 続落。野村證券は、同社のレーティング「1」を継続し、夢株価は以前の4300円を4150円に引き下げた。国内の鋼材値上げが遅れており、11年3月期上期の業績見当を引き下げたという。しかし、11年3月期下期以降の業績の見方に大きな変更はないそうだ。10年後半には中国の鋼材市況の好転が見当され、輸出比率の高い同社株への投資魅力は大きくなっていると指摘。

 神戸製鋼 <5406> 180 -3
 3昼間の場合間続落。野村證券は、同社のレーティング「1」を継続し、夢株価は以前の275円を310円に引き上げた。鉄鋼事業の見方を下方修正するが、建機が中国で高発育を継続している上、産業機械などの領域でも受注が良く傾向にあり、業績見当を上方修正したという。中長期での新鉄源事業での発育に加え、短期業績でも注目でき一段と投資魅力が増してきたと指摘。

 新昼間の場合間鉄 <5401> 284 -6
 3昼間の場合間続落。野村證券は、同社のレーティング「1」を継続し、夢株価は以前の420円を405円に引き下げた。国内の値上げが遅れたため、業績見当を下方修正するという。無料し、国内の値上げがフル寄与する11年3月期下期以降に鋼材マージンが良くし、輸出の調整も小幅であると指摘。12年3月期にかけて大幅増益が許すとみられ、株価は割安圏にあると考えるという。

 住友金属工業 <5405> 208 -5
 3昼間の場合間続落。野村證券は、同社のレーティング「1」を継続し、夢株価は以前の310円を290円に引き下げた。国内の鋼材値上げの遅れなどを考慮し、業績見当を若干下方修正するという。しかし、シームレスパイプの値上げ効果は今後に本式に寄与するため、大幅増益が許す基本的な見方に変更はなく、強気スタンスを継続しるそうだ。(編集担当:佐藤弘)


銘柄巡回(3):電通、東急、ラウンドワン、東邦HDなど
銘柄巡回(1):キヤノン、トヨタ、国際帝石、シャープなど
東京株式大引け続報:指数は年初来安値書き換え後、大引けにかけ買い戻される
銘柄巡回:トヨタ、三井住友FG、第生涯命、明治ホールディングスなど
7月21昼間の場合間レーティング情報:JPモルガン証券

銘柄巡回(2):ケネディクス、TOWA、第一精工、シークスなど[??:内容2]

銘柄巡回(2):ケネディクス、TOWA、第一精工、シークスなど[??:内容3]

銘柄巡回(2):ケネディクス、TOWA、第一精工、シークスなど[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。