へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銘柄巡回(3):電通、東急、ラウンドワン、東邦HDなど症状 病気

銘柄巡回(3):電通、東急、ラウンドワン、東邦HDなど電通 <4324> 2013 -76
 3昼間の場合間続落。野村證券は、同社のレーティング「1」を続け、夢株価は以前の3000円を3100円に引き上げた。4-6月期のみならず、7-9月期も順調な売上モメンタムが続けると見込まれるという。今回業績見当を上方修正したそうだ。業界内で圧倒的なシェアを誇る同社の順調な業績動きに注目するとも。なお、危険要因としては、下期の宣伝需要、海世間坊主会社動きなどが挙げられると指摘。

 東急 <9005> 377 +5
 3昼間の場合間ぶりに反発。野村證券は、同社のレーティングを新規「1」、夢株価480円でカバレッジを開始した。鉄道や不動産の大型投資に伴う労力等で11年3月期も減益と見当され、11年3月期見当基準では、個人投資自宅が重視すると推察されるPERは民鉄平均と比較して割高と入るという。このため株価は現状程度にとどまっていると推測されるが、EV/EBITDA倍率やPCFRに基づく評価からは、現在の株価は実力以下の評価と考えるそうだ。

 ラウンドワン <4680> 341 -38
 大幅に3昼間の場合間続落。三菱UFJモルガン?スタンレー証券(MUMSS)は、同社のレーティング「1」を続けたが、今後6~12ヶ月の夢株価は以前の1000円から600円に引き下げた。MUMSSは見当営業利益を今期140億円(会社予定140億円)、来期162億円、13年3月期185億円と、以前見当比で今期20億円、来期26億円、13年3月期45億円それぞれ減額修正したという。主因は、既存店売上回復の遅れなど事業環境界の悪化を鑑み、既存店売上伸び率見当を、それぞれ下方修正したためだそうだ。

 東邦HD <8129> 1243 -32
 3昼間の場合間続落。三菱UFJモルガン?スタンレー証券(MUMSS)は、同社のレーティング「1」を続けたが、今後6~12ヶ月の夢株価は以前の2000円から1700円に引き下げた。1Q実績の医薬気品卸事業における卸販売値段の前提から推定して、MUMSS以前見当ほどの粗利率良くは五月蝿いとみたという。無料し、粗利率の会社前提が保守的で11年3月期通期業績は会社予定を超えるという見当は変わらないこと、顧客支援ツール (医薬気品受発注?在庫管理システムENIFシステムなど)を武器とした差別化戦略により営業利益ベースで二桁の発育が許すと見当すること、現状の株価(8月11昼間の場合間終値)は約30%の上値土地があるとみることから、レーティング「1」を続けるとそうだ。

 住友不動産販売 <8870> 3415 -55
 3昼間の場合間続落。三菱UFJモルガン?スタンレー証券(MUMSS)は、同社のレーティング「1」、今後6~12ヶ月の夢株価4850円を続けた。主力の仲介事業が概ね良好に推移しているとみて業績見当を据え置いたという。ヒストリカルの同社PER(3期平均22倍)との比較では、11年3月期見当PERは16倍と、依然割安感が大きいとみているそうだ。

 出光興産 <5019> 7110 +70
 堅調。三菱UFJモルガン?スタンレー証券(MUMSS)は、同社のレーティングを以前の「2」から「1」へ、今後6~12ヵ月間の夢株価は8200円を8400円へ、それぞれ引き上げた。夢株価を引き上げた主な要因は実績BPSの増加だという。MUMSSでは、石油製気品スプレッドが良くしている点を評価しているという。また、7月5昼間の場合間に経済産業省が製油所の重質油分解装置の装備率に関する基準案を公表しており、MUMSSでは石油元売業界の対応について注目しているそうだ。

 木村化 <6378> 536 -49
 大幅に3昼間の場合間続落。11昼間の場合間、11年3月期第1四半期連結業績を公表した。第1四半期場合点での、最終赤字転落が嫌気されたようだ。第1四半期連結業績は、売上高27億100万円(前年同期比58.6%減)、営業利益2600万円(同97.8%減)、経常利益3400万円(同97.1%減)、四半期純損益600万円の赤字(前年同期は6億7300万円の黒字)となった。なお、同社グループは、通常の営業形態として、年度末に落成する工事の可能性が大きいため、各四半期の生産、受注及び販売の状況の間に著しい違いがあり、四半期毎の業績に季節的変動があるという。

 ブックオフ <3313> 740 -72
 大幅に5昼間の場合間続落。11昼間の場合間、11年3月期第1四半期連結業績を公表した。第1四半期場合点での、最終赤字転落が嫌気されているようだ。第1四半期連結業績は、売上高177億1100万円(前年同期比4.7%増)、営業利益2億1900万円(同62.7%減)、経常利益3億3300万円(同51.0%減)、四半期純損益5億200万円の赤字(前年同期は1億6800万円の黒字)となった。売上高は伸びたものの、順調な仕入をバックに気品物の回転を高めるセールを行ったことや、CDアルバムやゲームソフトの販売値段を先行して下げたこと等の影響で売上総利益率が低下した。財産除去債務会計基準の適用に伴う影響額6億2600万円を特別損失に計上したことも利益を押し下げた。

 レオパレス21 <8848> 131 -10
 大幅に4昼間の場合間続落。三菱UFJモルガン?スタンレー証券(MUMSS)は、同社のレーティング「4」を続け、夢株価を以前の370円から120円に引き下げた。7月は入居率が前年同期比3.7ポイント減の78.4%となり、受注も、解約率が33%と高く、同70%減と苦戦が引き続いているという。MUMSSでは、会社中期予定に対する入居率、受注の回復の遅れ等により11年3月期以降の業績見当を引き下げたそうだ。11年3月期については、1Qに発生した為替差損27億円が期末まで残るとみて、経常損失を見当しているもよう。(編集担当:佐藤弘)


銘柄巡回(2):ケネディクス、TOWA、第一精工、シークスなど
銘柄巡回(1):キヤノン、トヨタ、国際帝石、シャープなど
東京株式大引け続報:指数は年初来安値書き換え後、大引けにかけ買い戻される
銘柄巡回:トヨタ、三井住友FG、第生涯命、明治ホールディングスなど
7月20昼間の場合間レーティング情報:クレディスイス証券

銘柄巡回(3):電通、東急、ラウンドワン、東邦HDなど[??:内容2]

銘柄巡回(3):電通、東急、ラウンドワン、東邦HDなど[??:内容3]

銘柄巡回(3):電通、東急、ラウンドワン、東邦HDなど[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。