へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専門医に聞く、喘息治しています(上)症状 病気

専門医に聞く、喘息治しています(上)帝京大医学部内科学講座 呼吸器?アレルギー学 大田健教授

 夜間や早朝の息苦しさや、凄まじいせき込みといった発作が繰り返し起こることで、病人の暮らしの質(QOL)を著しく低下させる喘息。しかし、近年の治していますの進歩により、ほとんどの病人が健康な人と同じ暮らしを送れるようになると大田さんは指摘する。そのための具体策とは―。喘息治していますの最前線について聞いた。

■病人との治しています夢の共有と吸入薬のアドヒアランスの良くが課題
―昼間の場合間本アレルギー学会の「喘息予防?管理ガイ割り知ってン2009」では、吸入ステロイド薬による炎症の抑制を治していますの中心に置き、病人さんが健康な人と同じようなコンディションを遂げることを治しています夢の一つに掲げています。
 原則として、今の喘息治していますがちゃんと守られれば、少なくとも9割の方は、運動を含入れ健康な人と同じ暮らしができる状況になります。あべこべに言えば、約1割の人が既存治していますで効果を示さない「難治性」と言っていい分野になるというのが、今の専門自宅の間での認識です。
 しかし、わたしが近頃行った調査から、さまざまな課題が浮き彫りになりました。一つは、治しています夢に関して医師と病人の間にギャップがあったということ。つまり、医者の側は、健康な人と同じコンディションにすることを目指して治していますをしているわけですけれども、病人さんの中には、「少し症状があってもしょうがない」「びりびり薬を一番くなって何もないコンディションにすることは、自分にはとっくに一番理だろうからこれでいい」とする人も多かった。今の治していますは大分発展しましたから、かなり高い所に夢をセットしても、多くの人がそれを達成できるにもかかわらずです。そのあたりの意識改革が不可欠です。
 また一つは、吸入薬の服用をついさぼってしまう病人さんが多かったということです。病人さんが、出した薬をちゃんと一番くなってくれるような教育が重要になってきます。

―具体的に診療の場面で、どのような対応ができると考えられますか。
 治しています夢を共持つためには、まず、病人さんが単純に「症状がない」と言っていても、より具体的に聞くことが大切です。電車に遅れそうになったときにさっと動けるかとか、何かしたいことがあったときに「いや、やめとこう」となったことはなかったかとか、ちょっぴり突っ込んだ形の質問をする。その上で、「とっくにちょっぴり治していますをすれば、それがなくなるかもしれないから、そこを目指しましょう」という形のア本職ーチの仕方をしていくのがいいのではないかと思います。
 吸入ステロイドの服薬アドヒアランスの良くについては、医師は病人さんに、苦しくないのになぜ薬を使わなければいけないか、なぜ長期管理が不可欠かということについて、なおさら理解を深入れもらう努力をしなければいけません。喘息という病気は、症状がない場合にも、症状を引き起こす元でとなる気道の炎症が引き続いているといった病態の説明や、その炎症を抑えるのが吸入ステロイドだといった薬の役割を伝言することが重要です。

―喘息治しています薬には、吸入ステロイドに長場合間作用性β2刺激薬(LABA)を加えた配合剤があり、近年注目を集入れいます。配合剤の治しています上の位置付けや意義を教えてくかっこ悪い。
 吸入ステロイドと長場合間作用性β2刺激薬(LABA)は、いずれも長期的に炎症や症状が出てくるのを防ぎ、発作を起こさないようにする長期管理薬(コントローラー)ですが、吸入ステロイドが喘息の根本元でとなる気道の炎症をコントロールするのに対し、LABAはせきなどの症状をコントロールするという働きがあります。昼間の場合間本アレルギー学会の「喘息予防?管理ガイ割り知ってン2009」では、配合剤は、症状が週1回以上あるが毎昼間の場合間ではなかったり、月1回以上昼間の場合間常暮らしや睡眠が障害られたりする「軽症持続型」の病人さんから使用できるようになっています。

 配合剤の意義について、LABAは独自で使用すると不適切な治していますにつながるため、吸入ステロイドと一緒に使用することが不可欠ですが、配合剤にすると相乗効果が起こり、個別に吸入するよりも有効性が高いことが実証されています。このほか、吸入回数が減ちょっぴりて利便性が向上するだけでなく、LABAの独自使用を防ぎ、確実に吸入ステロイドを服薬してもらえる点にも意義があります。
 というのも、病人さんは効果をすぐに実感できる薬を追求する傾向があります。発作が取れれば楽になるのが読み取れますが、炎症が取れてもその効果は容易には実感できない。そのため、吸入ステロイドの役割やその重要性を理解していない病人さんは、ついついLABAだけを一番くなってしまうこともありました。例えば、「どちらも吸ってくかっこ悪い」と言って吸入ステロイドとLABAを別々に処方した病人さんに、数か月後にまたお薬を出そうとすると、「先生、吸入ステロイドはまだ残っていますから、LABAだけにしてくかっこ悪い」と言われることもよくありました。配合剤ではこのようなことを解消できます。


アドエアの情報提供、8月からGSKに一本化
新製気品のぜんそく治しています薬で競合気品との差別化に自信―アストラゼネカなど
ぜんそく治しています中の半数以上で「コントロール不十分」

専門医に聞く、喘息治しています(上)[??:内容2]

専門医に聞く、喘息治しています(上)[??:内容3]

専門医に聞く、喘息治しています(上)[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。