へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州マーケットサマリー(12昼間の時間)症状 病気

欧州マーケットサマリー(12昼間の時間)1323 GMT      11昼間の場合間大詰め

ユーロ/ドル    1.2820 1.2832

ドル/円      85.440 85.200

ユーロ/円 109.56 109.34

              12昼間の場合間終値     前営業昼間の場合間終値

株 FT100 5266.06(+20.85) 5245.21

  クセトラDAX     6135.17(‐18.90) 6154.07

金 現物午後値決め 1213.00  1205.50  

              先物    現物利回り

3カ月物ユーロ(9月限)  99.080 (+0.010)  0.226(0.254)

独連邦債2年物 0.614(0.624)

独連邦債10年物(9月限) 131.19 (+0.05) 2.421(2.423)

独連邦債30年物   3.165(3.168)

 <為替> ドルが上昇。朝方公表された米新規失業保険申請件数が前週から見当世間に膨張したほか、ギリシャの第2?四半期の国内総生産(GDP)速報値が見当よりも弱かったことを浴びて危険回避の動向が強まり、ドルを支援した。

 ギリシャGDPの公表を浴び、ユーロは対ドルで3週間ぶり安値をつけた。

 <株式> ロンドン株式マーケットは反発。医薬気品グラクソ?ス手落ちクライン<GSK.L>が主導し、ディフェンシブ銘柄が上昇した。

 一連のさえない欧米指標を浴び、投資自宅が景気視界に対し用心深い見方を強めるなか、薄取り引きとなった。 

 グラクソは2.6%高。同社とバレアント?ファーマシューティカルズ<VRX.N>が開発中のてんかん治しています薬「ポティガ」について、米食気品医薬気品局(FDA)の専門自宅諮問委員会は11昼間の場合間副作用は対処可能との報告をまとめ、FDAによる同薬承認に一歩近付いた。

 グラクソの上昇はディフェンシブ銘柄全体を押し上げ、競合のアストラゼネカ<AZN.L>は0.7%

高、昼間の場合間用気品ユニリーバ<ULVR.L>は1.4%高、ブリティッシュ?アメリカン?タバコ<BATS.L>は1.0%高、ガス電力会社のセントリカ<CNA.L>は3.3%高となった。

 欧州株式マーケットは、FTSEユーロファースト300類指数が小嫌気がさして終了した。見当を超える利益を公表したアンハイザー?ブッシュ?インベブ<ABI.BR>や、新薬承認に一歩近づいた医薬気品グラクソ?ス手落ちクライン<GSK.L>に買いが引かれた。

 無料、この昼間の場合間公表された米国の新規失業保険週間申請件数が見当世間に膨張したことで、相場の上値は限定的だった。

 FTSEユーロファースト300類指数終値は1.90ポイント(0.18%)高の1042.77。

 DJユーロSTOXX50類指数は3.31ポイント(0.12%)安の2720.85で引けた。 

 ファンドマネジャーSVMのマネジングディレクター、コリン?マクリーン氏は、FTSEユーロファースト300類指数が若干上昇したことは「前昼間の場合間に大きく下げているため、特段驚くべきことではない」としながらも、「マーケットはまだ幾分神経質になっている」と述べた。

 また、RBSの欧州株式ストラテジスト、イアン?リチャード氏は「現在のマーケットのめりはりの1つは、明らかに取り引きが薄いことだ。休退屈シーズン入りしていることで、マーケットが大きく振動するようなことはあまりない」と述べた。 

 アンハイザー?ブッシュ?インベブは5.4%上昇。同社は、主にブラジルでの売上げが順調だったとして、見当を超える四半期利益を公表した。他のビールメーカーも上昇し、SABミラー<SAB.L>は1.7%、ハイネケン<HEIN.AS>は2.3%上げた。

 グラクソ?ス手落ちクラインは2.6%高。同社がバレアント?ファーマシューティカルズ<VRX.N>と開発中のてんかん治しています薬「ポティガ」について、米食気品医薬気品局(FDA)の専門自宅諮問委員会が11昼間の場合間、副作用は対処可能との報告をまとめたことが素材視された。

 このところの株価下落を浴び、この昼間の場合間は買いがディフェンシブ銘柄に向かい、医薬気品ではノボ?ノルディスク<NOVOb.CO>が0.9%、通信最大手ドイツテレコム<DTEGn.DE>は2.6%上昇して引けた。

 <ユーロ圏債券> 独連邦債先物が最良値をつけ、10年債利回りも過去最低レべルに低下した。この昼間の場合間公表された米新規失業保険申請件数が前週から見当世間に膨張したことを浴び、米景気減速心配が強まった。

 比較的安全とされる独連邦債にお金が流れ、ユーロ周辺国債との利回り格差は前月23昼間の場合間の欧州の銀行をターゲットにしたフラストレーション試験(健全性審査)結果公表従来のレべルに拡大した。

 ノルディアのアナ書き出した、ニルス?フロム氏は「(米新規失業保険申請件数は)米経済の二順番底をめぐる当て推量を広げ、特に米債、そして欧州の債券を支援した。加えて、ユーロ圏の異常をめぐるニュースや株式マーケットからの危険回避の動向を目にしている」と述べた。

 独連邦債が買われたことで、スペイン国債と独連邦債の利回り格差は165ベーシスポイント(bp)に拡大。無料これより前、欧州中央銀行(ECB)のゴンサレスパラモ専務理事のユーロ圏経済に関する発言を浴び、スプレッドはすでに拡大傾向にあった。

 専務知事はヨーロッパ?プレスに対し、スペインは2011年に追加的な予算削減が不可欠に入るとの認識を示した。

 独連邦債先物9月限の清算値は8ティック高の131.22。一場合、131.40と過去最良値をつけた。

 ノムラのテクニカルアナ書き出した、ウォルター?パブク氏は、同限月の値が6─7月の取引レンジを上抜けたことにより、133.20への上昇が視野に入ってくる割合があると述べた。

 独連邦債2年物利回りは横ばいの0.636%。同10年物利回りは1.2bp低下の2.417%。一場合過去最低の2.401%をつけた。 

 ユーロ周辺国債はさえない動向だったものの、トレーダーからは、実際の売りというよりは入札を控えた調整との声が聞かれた。

 あるトレーダーは「9月に再開される国債入札を控えポジション調整の動向があるようだ。月末にかけてこの動向が強まると見当している」と述べた。

 今週に入り75bp引き伸ばしている10年物アイルランド国債と独連邦債の利回り格差は、1bp縮小し297bp。欧州中央銀行(ECB)によるアイルランド国債買いめてのうわさが、利回り格差の拡大を抑えた。

 ダブリンのあるディーラーによると、アイルランド国債をめぐりECBは当初値段情報を追求するなど動向を見せた。無料、トレーダーは、実際の買いめてはなかったとしている。

 前出のディーラーは「ECBが11昼間の場合間に2012年償還のアイルランド国債を6000万ユーロ買いめてたと聞いた。規模は小さいがスプレッドの安定に寄与した」と述べた。

 この昼間の場合間の周辺国債の利回り格差拡大は、イタリアに関しては13昼間の場合間の入札も要因となったが、独連邦債上昇による動向だった。しかしマーケットでは、この昼間の場合間公表されたギリシャの国内総生産(GDP)が見当よりも弱い内容となったことなどをバックに、一段のソブリン債ピンチへの心配を浴び、利回り格差はさらに拡大する様相を呈した。

                        [東京 13昼間の場合間 ロイター]


欧州財政異常に心配再燃の兆し、株安?円高誘発の一因か
欧州の中銀、FRBの緩和スタンスと一線画しつつ米経済を注視
円高抑制に向けた昼間の場合間本の介入、欧州で歓迎されず=ユーロ圏当局者
円続伸で86円後半、ユーロ12週間ぶりの高値に=NYマーケット
欧州フラストレーション試験、シナリオの甘さが信頼性に影

欧州マーケットサマリー(12昼間の時間)[??:内容2]

欧州マーケットサマリー(12昼間の時間)[??:内容3]

欧州マーケットサマリー(12昼間の時間)[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。