へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後発医薬気品レースで二極分化する調剤薬局(上)症状 病気

後発医薬気品レースで二極分化する調剤薬局(上)このページの先鶏冠ですこのページの本文へ

お知らせ:
今すぐ試そうYahoo! JAPAN向け「IE8」(一番料)
Yahoo!ニュースログイン
IDでなおさら便利に[ 新規取得 ]Yahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 動画
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社
        ここから本文です

        後発医薬気品レースで二極分化する調剤薬局(上)東洋経済オンライン 8月13昼間の時間(金)11時2分配信 特許が切れた新薬(先発医薬気品)と同じ有効成分で、対等の効き目を有するジェネリック医薬気品(後発医薬気品)。薬価が先発医薬気品の7割から2割程度と安価なことから、後発医薬気品は医療費抑制や病人労力軽減の有効な方策として注目を集入れいる。厚生労働省は2012年度までに、数量ベースで30%へ引き上げる夢を掲げている。

         そこで今年4月、後発医薬気品の新たな普及促進策を打ち出した。狙いを定めたのが、全国に約5万5000ある調剤薬局だ。「医療機関の中で、調剤薬局は後発医薬気品普及への取り組みが最も遅れていた」と、磯部総一郎?厚生労働省保険局医療課薬剤管理官は指摘する。

         厚労省は後発医薬気品の調剤を促進するため、加算制度を大幅に変更した。4月の診療収入改定の一環として実施された薬局に関する調剤収入改定に際し、薬局が一律に浴び取れる調剤基本料(=40点、1点10円)に上乗せされる「後発医薬気品調剤体制加算」を抜本的に改変。数量ベースで後発医薬気品の使用可能性が30%以上の調剤薬局の時、処方箋の浴び付け1回について、17点(170円)が調剤基本料に加算されることになった。同様に25%以上30%未満の時は13点(130円)、20%以上25%未満の時は6点(60円)に改められた。

         以前は、後発医薬気品が1気品目でも含まれる処方箋が、全処方箋枚数の30%以上を占入れいる時に、処方箋1枚につき4点(40円)が調剤基本料に加算されていた。ハードルが低かったため、8割以上の薬局が同加算を取得できていた。

         ところが普及率が20%に満たず足踏みしていたことから、厚労省は以前の処方箋ベースを見直し、ハードルの高い数量ベースに改めたうえで加算金額を引き上げた。その結果、多くの薬局がいったん加算を継続できなくなった一方、後発医薬気品をまめに調剤してきた一部の薬局が大きな恩恵を浴びている。

         調剤薬局大手の昼間の時間本調剤は昨年10月時点で、後発医薬気品の数量シェアが30%を超えていた。そこに、今回の加算見直し措置が加わった。同社の時、4月末時点で17点を算定できる店舗が全店舗の69%、13点が7%に達している。結果、4月時点で、月6860万円の売り上げ増につながった。

        ■製薬企業が事業を活発化 依然として低い普及率

         後発医薬気品メーカーにとっても、普及促進策が追い風であることは間相違ない。現に出荷は大幅に増加している。業界大手の昼間の時間医工は調剤薬局向けの納入額が急増。4月は前年同月比44%増、5月は32%増となった。同じ大手の沢井製薬では、調剤薬局向けおよび病院向けの納入額について、今11年3月期に各40%増、30%増を見込んでいる。

         後発医薬気品マーケットのさら入る拡大を見越して、世間資の参入や夕イアップしても活発化している。後発気品世界最大手のテバ(イスラエル)は、合弁会社である興和テバを便秘気味て中堅の後発気品メーカーを買収。海世間からの製気品輸入にも踏み切る。昼間の時間医工は、大手付く薬のサノフィ?アベンティス(フランス)と合弁会社を設立し、資本も浴び入れた。

         新薬メーカーでは、世界最大手のファイザーが、長期収載気品(特許が切れた先発医薬気品)および他社製の後発医薬気品を国内でまめに拡販していく方針を表明。第一三共も後発医薬気品への対抗策として、10月から長期収載気品の販売を専門とする坊主会社の営業を開始する。異業類では富士フイルムホールディングスが、三菱商事や大手医薬気品卸の東邦ホールディングスと組んで後発気品マーケットに参入した。

         このように特許切れ医薬気品ビジネスは、大きな最盛期上がりを見せている。その一方で、病人の先発医薬気品希望向は依然として強く、後発医薬気品の普及率は先進国中で最も低いのが実情だ。

         また後発医薬気品調剤体制加算を取得できていない薬局も多い。大手?中堅薬局の加盟が多い昼間の時間本保険薬局協会のアンケート調査(6月実施)によれば、取得できていない薬局は5割目と鼻の先に上る。独立系の中小零細、個人営業を含む全薬局ベースでは、加算取得率はさらに低いとみられる。

         「破格の厚遇策」「大盤振る舞い」と呼ばれた4月の加算見直しだが、業界では加算を取得できた薬局と、できていない薬局に二極分化している。取得できていない薬局の中には、取得に向けて努力している薬局と、はなからあきら入れいる薬局が混在するのが実情だ。
        [(下)に許す]


        ジェネリック薬気品の性急な拡大は新薬開発に深刻な影響も
        暮らし病み付き病から難病向けが主流に入る新薬開発
        製薬業界は薬価改定や特許切れ対応、開発パイプラインの拡充と財務戦略に注目《スタンダード&プアーズの業界眺望》
        進まぬ異業類参入、ドラッグ業界の独走
        割り切った制御性で一眼と合コンクト機のいいとこ取り――ソニーのミラーレスカメラ「NEXシリーズ」《東洋経済モノ奉行》
        最終書き換え:8月13昼間の時間(金)11時2分東洋経済オンライン 

        後発医薬気品レースで二極分化する調剤薬局(上)[??:内容2]

        後発医薬気品レースで二極分化する調剤薬局(上)[??:内容3]

        後発医薬気品レースで二極分化する調剤薬局(上)[??:内容4]


        スポンサーサイト

        テーマ : 医療・病気・治療
        ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。