へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

の白石蔵ノ介、9000人を動員症状 病気

の白石蔵ノ介、9000人を動員「新テニスの王坊主様」(原作:許斐剛)の人気キャラクター、白石蔵ノ介(声優:細谷佳正)初の独唱ライブツアー公演が開催された。「テニスの王坊主様」のキャラクターが独唱ライブツアーを行なうのは、2004年8月18昼間の時間に同所で行なわれた<越前リョーマ Special Live―ミンナココニイタ―>以来、6年振りのことだ。

◆白石蔵ノ介(細谷佳正)画像

2010年4月、5月に連続リリースした2枚のアルバムを引っさげて行われた<白石蔵ノ介 Special Live Tour 2010 毒と薬>は、7月24昼間の時間(土)のZepp Fukuokaを皮切りに、7月26昼間の時間(月)ZeppOsaka、8月11昼間の時間(水)Zepp Tokyo(昼夜2回公演)の3都市4公演で延べ約9,000人を動員。7月に再リリースされたシングル「prayer(初回生産完全限定盤)」を含む全17メロディーを、ダンサブルなナンパブを中心にバリエーションあふれるステージングでファンを魅了した。

初の独唱ツアーに挑み、「心細い性なので心もとないだったけど、幕が開いたらみんな(ファン)が居てくれた」と気持ちを伝え、「今まで歌った歌がみんなの心に足形跡のように残ってくれれば」と感謝の気持ちを込め、ラストメロディーは「足形跡」で締めくくった。

「テニスの王坊主様」は、中学生のテニス部を題材にした漫画自宅?許斐剛によるスポーツ漫画で、1999年に週刊少年ジャンプにて連載を開始し、あっと言う間に人気に火が付き2001年にアニメ化。また2003年には過去に種を見ないスポーツ漫画のミュージカル化を果たし、現在人気のイケメン若手役者を多く排出した。2001年のアニメ化に伴い、キャラクターの声を担当する声優によるキャラクターソングがブレイクし、9年間で270タイトル以上を発売。アニメのキャラクターソングとしては異例のタイトル数を誇り、現在もファンが増え継続している作気品である。

なかでも「テニスの王坊主様」主人公、越前リョーマの行く青春学園中等部のライバル校、四天宝寺中学校テニス部長であるキャラクター白石蔵ノ介は、作気品の中でも随一の人気を誇る。限定シングルが発売後即完売したのを始め、2010年4月、5月に2ヶ月連続リリースしたアルバム『Medicineor…?』が10位、『POISON』が6位とオリコンウイークリーランキングにチャートインし、「テニスの王坊主様」キャラクターソングCDリリース史上、9年目にして過去最良の記録を連続して打ち立て、まさにアーティストを超えたアーティストしての存在を示した。



◆テニプリアトラクションサイト
◆ブレーク!テニプリOVA
細谷佳正のアーティスト情報

の白石蔵ノ介、9000人を動員[??:内容2]

の白石蔵ノ介、9000人を動員[??:内容3]

の白石蔵ノ介、9000人を動員[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。