へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズ報告が過去最多129人 検査低調、感染気付かず 症状 病気

エイズ報告が過去最多129人 検査低調、感染気付かず 厚生労働省のエイズ動き委員会は13昼間の場合間、6月までの3カ月間に報告があったエイズ病人が、四半期では過去最多と入る129人に上ったことを明らかにした。検査件数の低迷が影響しているとみられ、岩本愛吉委員長(東大医科学探求所教授)は「発症後に感染に気付く人が増えている。検査を浴びやすくするなど、発症前に発見できるような対策を強化する不可欠がある」と話している。

 同委員会によると、エイズ病人の内経緯は、男性が125人で女性が4人。前回調査(1~3月)よりも35人多く、前年同期よりも13人多かった。これまでの最多報告は平成16年(7~9月)の126人。エイズウイルス(HIV)感染者は前回より36人多い263人だった。

 昨年の新型インフルエンザ流行の影響で、検査の受診件数は約3万1千件と18年普通みのレべルで低迷。検査で感染を知る前にエイズを発症し、予防のチャンスが失われる人が増えている割合があるという。また、感染からエイズ発症までの期間が以前(8~10年)よりも短くなっているとの報告もある。

 一方、出産によるHIVへの母坊主感染も4年ぶりに1件確認された。同委員会によると、出産場合に抗ウイルス薬を飲むなど、適切な処置を行えば母坊主感染は1%以下に抑えられる。しかし、今回の母親は、感染を自覚しながら、医療機関には話していなかった割合が高いという。


露、収監者の9割超がエイズなどの感染症
中学生向け薬害教材製作へ 厚労省
「女性が性折衝にNOと言える環境界を」 エイズ異常でオバマ大統領の姉
ゼリー薬でエイズ感染防止 南アフリカで効果確認
エイズ薬の普及、過去最多 値段低下で軌道に

エイズ報告が過去最多129人 検査低調、感染気付かず [??:内容2]

エイズ報告が過去最多129人 検査低調、感染気付かず [??:内容3]

エイズ報告が過去最多129人 検査低調、感染気付かず [??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。