へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【昼間の時間曜経済講座】編集委員?田村秀男 昼間の時間本はマネー敗戦症状 病気

【昼間の時間曜経済講座】編集委員?田村秀男 昼間の時間本はマネー敗戦■昼間の時間銀による株式購入も一案

 昭和天皇の玉音放送を聞くや、後に首相と入る宮沢喜一氏ら大蔵省(現?財務省)の官僚は倉庫に初物、ほこりにまみれた英文タイプライターを引っ弾力出した。以来、連合国軍総司令部(GHQ)と掛け合いながら昼間の時間本円の値打ち再起に向けて奮闘し、4年がかりで円の対ドル?レートを360円と設定した。それから65年。円は15年前に続き1ドル=80円に向かっている。

 ?カネが回らない?

 昼間の時間本の敗戦後と現代を比較するのはむちゃなようにみえるが、ひとつだけ共通点がある。カネが回らないことだ。国の経済を人体にたとえるとカネは血液であり、循環しなければ死に至る。終戦から数年間、円は戦中の乱発で紙切れと化していたため、流れないのは当たり前といえる。

 現在、円は値打ちも量も、上昇を継続している。昼間の時間銀は「カネは十分ある」とみなしてお札を刷らない。

 対照的に米国は2008年9月のリーマン?衝撃後、ドルお金を大量発行し、ドル安政策を奪っている。円高で「昼間の時間本企業の収益を圧迫する」として株は売られ、代わりに国債が買われる。カネの流れはそこで行き詰まる。カネのストックである現預金残高(金融用語でM2と呼ぶ)は毎月、前年比で二十数兆円増え継続している。銀行は毎月、10兆円前後貸し出しを減らし、30兆円前後も国債を買い増している。大衆が働いてためたカネは、国債という冷凍庫にお蔵入りしていく構図が透けて見える。

 しかし、政府は国債発行で得た大衆の貯蓄マネーをデフレ克服に振り向ける術(すべ)を知らない。デフレ不景気の昼間の時間本は、生産才能に対し少なく見積もっても30兆円の需要が不補充している。カネがあり余っていても、このギャップを埋め合わせるカネはないのだ。円高?株安を端緒とする“負の連鎖”は昼間の時間本列島を覆う。消費者は消費を、企業は設備投資を減らし、その結果、雇用が失われていく。

 政府と昼間の時間銀の一順番策は、敗戦時のような経済の荒廃を招いている。いわば、マネー敗戦である。それなのに再生と復興に向けた決意が菅直人首相、白川方明昼間の時間銀総裁には予想たらない。

 民主党政権の幹部はひたすら「政府と昼間の時間銀の協調」という言葉を繰り返し、白川総裁は「円高は企業マインドの下ぶれ要因だ」などと発言している。まるで三流評論自宅である。

 では、どうすればよいのか。

 円高?株安基調を止め、株式マーケットにカネが流れ出すよう仕向けるしかない。このことは7月18昼間の時間付の小欄「瀕死(ひんし)の昼間の時間本株式マーケット、即効薬は円安誘導」でも論じたが、その後も政府?昼間の時間銀は一順番為一順番策を継続し、周知のように事態は悪化の一途をたどっている。

 国債がここまで買われるのだから、政府は斬新で利口財政支出拡大と公共投資に踏み切り、需要を創出すべきだ。だが、国内総生産(GDP)の2倍近い公的総債務におじけづいて「ギリシャの二の舞い」ばかり気にする菅政権の手でははるかに一順番理とみるしかない。そもそも、財政出動の効果が売れるまでには時間もかかる。

 ?財産マーケット復調が左右?

 大切なことは、カネが回るという一点に尽きる。リーマン?衝撃で明らかになったことは、カネの流れを大きく左右するのは株式、金融気品物や不動産という財産マーケットであるということだ。

 マーケットバブルが崩壊してしまうと銀行は萎縮(いしゅく)してカネを回さず、企業は雇用を削減し、消費者はモノを買わなく入る。財産マーケットをよみがえらせない限り、カネの流れは凍りついて溶けそうにない。

 昼間の時間本の時、06年後半の昼間の時間銀のゼロ金利政策解除と量的緩和政策の打ち切りを契機に始まった円高がデフレを重大化させているさなかに、リーマン?衝撃の大津波に襲われた。再三繰り返却する。昼間の時間銀の飢饉為の罪は極入れ大きい。

 政府?昼間の時間銀が何もしなければ円高はさらに進行しよう。米国は米国債マーケットが安定していれば「ドルピンチ」とはみなさない。むしろドル安を放置し、米企業の輸出を後押しするつもりだ。円高を阻止する真っ直ぐの術は政府による世間国為替マーケットへの介入による円売り?ドル買いだが、米国が同調する割合は乏しい。昼間の時間本が独自のマーケット介入に追い込まれても効果は限られる。

 そこで、昼間の時間銀の出順番が来る。昼間の時間銀は政府の円売り介入に合発言させて、たとえば昼間の時間銀お金による株式の大量購入という「非伝統的金融政策」に踏み切るべきだ。

 米連邦用意制度理事会(FRB)が家借金担保証券(MBS)を100兆円分購入し、家マーケット完全崩壊と金融恐慌を防いだ前例もある。昼間の時間本では株式マーケットを対象にすればよい。昼間の時間本の株式は紙くず同然で値の付かなかったMBSより「優良財産」である。このほかに秘訣があるだろうか。


円高対応、首相?昼間の時間銀総裁の会談がピントに 手詰まり露呈であべこべ効果も
厳格自宅計に嬉しいニュース スーパーで円高還元セール続々
秋に備え完全静養…充電完了? 首相、15昼間の時間から公務復帰
円高阻止で昼間の時間本孤立 米との協調希望薄 米紙
菅首相“一順番策”円高株安どこ吹く風、高級ホテルで読書満喫
ロシアの”裏庭”で中国が資源獲得に動いている

【昼間の時間曜経済講座】編集委員?田村秀男 昼間の時間本はマネー敗戦[??:内容2]

【昼間の時間曜経済講座】編集委員?田村秀男 昼間の時間本はマネー敗戦[??:内容3]

【昼間の時間曜経済講座】編集委員?田村秀男 昼間の時間本はマネー敗戦[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。