へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後発医薬気品レースで二極分化する調剤薬局(下)症状 病気

後発医薬気品レースで二極分化する調剤薬局(下)このページの先鶏冠ですこのページの本文へ

お知らせ:
正しい知識で インターネットを楽しく安全に
Yahoo!ニュースログイン
IDでなおさら便利に[ 新規取得 ]Yahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 動画
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社
        ここから本文です

        後発医薬気品レースで二極分化する調剤薬局(下)東洋経済オンライン 8月16昼間の時間(月)11時4分配信■加算取得のハードル 夢届かぬ薬局も

         薬局関係者が指摘するのが、後発医薬気品普及の難しさ、言い換金すると加算取得のハードルの高さだ。後発気品調剤の努力を継続しているものの、夢に届かない薬局は少なくない。

         業界大手クオールは今年度末までに数量ベースで25%達成を夢とするが、店舗によっては苦戦を強いられている。柿の木坂店(東京?目黒区)もその一つ。同薬局は近隣の病院や診療所など、実に200を上回る医療機関から処方箋を浴び入れている。医薬気品の在庫数(1974気品目)はクオール社内で最も多く、後発医薬気品の在庫数も同社で最多の423に上る(10年3月期)。後発医薬気品への取り組みでは「優等生」ともいえる薬局にもかかわらず、4月以降、後発医薬気品調剤体制加算を取得できていないのはなぜか。

         最大の理由は「後発医薬気品への変更不可」を署名する医療機関が多いことにある。柿の木坂店の時、処方箋の約3割を特定の診療科が占入れおり、特にその診療科で「変更不可」の署名が目立ち上がるという。

         厚労省は「先発医薬気品と後発医薬気品の間で、気品質や有効性、安全性に差はない」と説明している。だが、「塗り薬や湿布薬などの世間用薬では、有効性はとにかく、使用感の相違を指摘する病人さんがいる」(複数の薬局の薬剤師)。

         柿の木坂店では、後発医薬気品の調剤を増やすために懸命の努力を継続している。本社が推奨する書き出したに載っていない気品目についても単独の決断で気品ぞろえを行う一方、店内のポスターを増やしたり、病人が調剤を待つ間間に後発医薬気品の説明をしておくなど、時間の有効活用にも知識を絞っている。

         しかし、国がハードルに設定した数量シェア20%になかなか届かない。4月時点で加算取得の前提と入る直近3カ月平均(1~3月)の実績は18%強にとどまった。4月は19.8%、5月も18.9%と及ばなかった。6月には20%を超えたものの、7月は再び低下し、同月中旬時点で18%台にとどまっている。

         また「相次ぐ欠気品も鶏冠痛の類になっている」(安中すみよ?柿の木坂店管理薬剤師)。同店では4月以降、すでに10回もの後発医薬気品の欠気品(在庫切れ)が発生している。「欠気品が起こると、新たに着くまでに1~2週間かかる。中には10月までかかると言われたケースもある」(安中氏)。後ろには、需要急増に後発医薬気品メーカーの生産が追いつかないという理由がある。

        ■零細薬局は引っ込み思案 在庫労力増で二の足

         加算取得を断念し、“天然体”に引き返した調剤薬局もある。東京都心部のオフィスビル内に店舗を構える薬局は、3月末までは店内のあちこちに、「ジェネリック医薬気品を脉する方はお申し出下さい」と書かれたポスターを貼っていた。ところが店舗の改装を機に掲示を取りやめ、現在は隅にチラシが置いてある程度だ。取材に応じた薬局長が語る。

         「3月末までは加算(4点)を奪っていたが、今は取れていない。病人さんに尋ねられたら説明をするが、まめな対応はしていない」

         この薬局でも、医師の決断がネックになっているという。「処方箋を多く出す診療所で、変更不可のサインが多い。そのためなかなか加算取得の要件に達しない」(同薬局長)。また新薬の時には、薬価差益(仕入れ値段と公定薬価との差額)が見込めるのに対し、「後発医薬気品の時は加算が取れても薬価差益が小さい。そろばん直感定だと言われればそのとおりだが、努力して普及に取り組んでも、次の診療収入改定の際に、厚労省から加算見直しの仕打ちを浴びる心細いもある」(同薬局長)。

         零細な薬局の中には、はなから後発医薬気品をほとんど扱っていない薬局も少なくない。「後発医薬気品を扱うと在庫が大幅に膨らむ。薬剤師が私一人しかいないので、対応そのものができない。後発医薬気品を追求する病人さんには、近所のほかの薬局に行ってもらっている」(東京都東部地区にある薬局の薬剤師)。

         ある区の薬剤師会理事は、こうした実態に警鐘を鳴らす。

         「中小零細では加算は『取れない』と思っているか、一番興味の薬局が多い。しかし今後、病人労力の差が認識されるように入ると『薬代が安い』ということで、まめに取り組むチェーン薬局に病人さんが流れることになりかねない」

         後発医薬気品には、さまざまな課題も指摘されている。今年3月、業界大手の大洋薬気品工業で承認規格世間製気品の出荷(薬事法違反)が発覚するなど、気品質管理体制に疑わしいが持たれていることも確かだ。また、副作用があった時の対応への心もとないも指摘されている。メーカーと薬局には、病人の信頼を得るためのさら入る努力が求められている。

        (岡田広行 =週刊東洋経済2010年7月31昼間の時間号)


        ジェネリックが使われない--笛吹けど踊らぬ医療現場
        多すぎる医薬気品営業マン 数年内に大書き出したラへ
        ガン治していますで「自己流」横行、一番用の痛みで苦しむ昼間の時間本人
        なぜ昼間の時間本では未承認? 遅すぎる新薬審査
        糖尿病病人に期待の新薬、1300万人の巨大潜在マーケットを狙う
        最終書き換え:8月16昼間の時間(月)11時4分東洋経済オンライン 

        後発医薬気品レースで二極分化する調剤薬局(下)[??:内容2]

        後発医薬気品レースで二極分化する調剤薬局(下)[??:内容3]

        後発医薬気品レースで二極分化する調剤薬局(下)[??:内容4]


        スポンサーサイト

        テーマ : 医療・病気・治療
        ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。