へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京株式大引け:年金買いとディーラーの買戻しが観測され下げ幅縮小症状 病気

東京株式大引け:年金買いとディーラーの買戻しが観測され下げ幅縮小大引けの昼間の時間経平均株価は56.79円安の9196.67円、TOPIXは2.61ポイント安の828.63ポイントで終了。

 寄り付き前に公表されたGDPは前期比プラス0.1%、年率換算プラス0.4%。マーケットコンセンサスの前期比プラス0.6%と年率プラス2.3%をそれぞれ下回ったことから昼間の時間本株は売り込まれたものの、前引け直前に下げ幅を縮小したことで「GDP衝撃は消化された」との見方が台鶏冠。マーケット関係者からは「今回のGDPを浴び、どうして円が売られないのか不思議。経済指標が改善ても円高から株安の流れに入るだろうし、弱ければ弱いで為替一番視で株安が待っている。節操がない」との指摘があった。

 昼間の時間経平均は後場に入ってから下げ幅を縮小。ディーラーなど短期筋が売りポジションで本昼間の時間の取引をスタートさせたものの、上海総合株価指数が安寄り後に切り返したことから買い戻しが優勢となり、下値で年金の買い観測も流れていた。

 7月の首都圏マンション新規販売戸数が前年同月比27.8%増の4128戸に上昇、契約率は好不調の分かれ道とされる70%を7ヶ月連続で超える78.2%となったことで三井不動産 <8801> や三菱地所 <8802> など不動産株が強く、1対5の株式分割を公表したグリー <3632> が大幅高。1対3の株式分割を公表したベストブライダル <2418> 、MBO値段の1740円にサヤ寄せの格好となった昼間の時間清医療食気品 <4315> 、TIWによるレーティング格上げ観測の伝来したオリエンタルランド <4661> 、国内有力証券がレーティングを格上げしたメガ心づけス <6875> などが上昇した。

 株価指数の下値メドを調べる動向が強まる中、有力テクニカルアナ書き出したは「昼間の時間経平均が9001円を維持できるかがポイント。維持すれば昼間の時間足一目バランス表抵抗帯下までリバウンド、下回った時は昨年3月安値から今年4月高値までの上昇幅の61.8%押しの8696円が下値メド」と分析。

 欧州系有力証券では、現在の格付けが平均を下回り、レンジの中でも低いレべルにあるセクターが平均に戻るプロセスでアウトパフォームするとの見方で、医薬気品、電力?ガス、陸運業、情報通信セクターに注目している。(編集担当:佐藤弘)


東京株式午後2時:ジリジリと下げ幅縮小、下値では年金の買い観測
東京株式後場寄り:GDP衝撃は一巡、前引け直前に下げ幅縮小
東京株式前引け:GDP下振れ、公共投資急減が注目ポイント
東京株式午前10時:GDPがマーケット見当を下回っても円高
7月21昼間の時間レーティング情報:野村證券

東京株式大引け:年金買いとディーラーの買戻しが観測され下げ幅縮小[??:内容2]

東京株式大引け:年金買いとディーラーの買戻しが観測され下げ幅縮小[??:内容3]

東京株式大引け:年金買いとディーラーの買戻しが観測され下げ幅縮小[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。