へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上半期の売り上げ14%増、ビクトーザも寄与―ノボノルディスク症状 病気

上半期の売り上げ14%増、ビクトーザも寄与―ノボノルディスクデンマークのノボノルディスクがこのほど公表した今年上半期(1-6月)決算によると、糖尿病治していますに用いるGLP-1受容体作動薬ビクトーザや、インスリンアナログ製剤の伸長により、売上高は前年同期比14%増の291億デンマーククローネ(DKK、5285億円)だった。このうち糖尿病分野の売上高は16%増の216億DKK(3932億円)で、全体の74%を占めた。純利益は21%増の69億DKK(1249億円)。

 現在、世界20か国で販売しているビクトーザの売り上げは6億6600万DDK(121億円)。昼間の場合間本では6月に発売している。米国では、同じ作用機序を有する薬剤として、2005年に発売された米イーライリリーのバイエッタ(昼間の場合間本では承認申請中)があり、今年2月に発売したビクトーザの7月23昼間の場合間場合点のGLP-1 マーケットにおける週間処方シェアは27%だったという。
 インスリンアナログ製剤の全世界での売上高は、22%増の126億5400万DDK(2300億円)だった。

■ベーリンガーインゲルハイムは減収
 一方、ドイツのベーリンガーインゲルハイムがこのほど公表した今年上半期業績によると、売上高は3%減の62億ユーロ(7618億円)。このうち医療用医薬気品事業は5%減の48億ユーロ(5887億円)だった。米国で、排尿妨げ良く剤フローマックス(昼間の場合間本での製気品名=ハルナール)やパーキンソン病治しています薬シフロール(ビ?シフロール)の独占販売期間の終了や、抗うつ薬シンバルタ(サインバルタ)に関するイーライリリーとの協力協定が終了したことなどが減収の主な元でとしている。


ビクトーザの売り上げ拡大に期待―ノボノルディスクファーマ
国内初のGLP-1受容体作動薬を発売―ノボノルディスク
ミカルディスなど主力気品が売り上げをけん引―昼間の場合間本ベーリンガー
昼間の場合間本イーライリリー、売上高1千億円突破
ビクトーザがジャヌビアより優れた有効性-ノボノルディスク

上半期の売り上げ14%増、ビクトーザも寄与―ノボノルディスク[??:内容2]

上半期の売り上げ14%増、ビクトーザも寄与―ノボノルディスク[??:内容3]

上半期の売り上げ14%増、ビクトーザも寄与―ノボノルディスク[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。