へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アステラス、UMNファーマとワクチンの開発?販売で基本合意症状 病気

アステラス、UMNファーマとワクチンの開発?販売で基本合意[東京 17昼間の時間 ロイター] アステラス製薬<4503.T>は17昼間の時間、UMNファーマ(秋田市)との間で、UMN社が開発を進入れいる細胞培養インフルエンザワクチン本職グラムの昼間の時間本での共同開発と独占的販売の基本条件について合意したと公表した。

 正式なライセンス契約書の締結は9月ごろを計画しているという。

 契約の対象となっているのはBEVSノウハウにより製造する「UMN―0501」と「UMN―0502」。「UMN―0501」は、細胞培養で製造される組み換え新型インフルエンザHAワクチン(H5N1)で、現在、臨床第3相テストの用意中。「UMN―0502」は、同様の手立てで製造される季節性インフルエンザHAワクチン。

 今後の開発は主としてアステラスが進め、開発経費も労力する。UMN社は最終製気品までの生産を手掛け、アステラスに供給し、アステラスが販売を行う。両社は、2015年3月までの発売開始を目指している。

 BEVSノウハウを用いることで、以前の孵化鶏卵を使用した製造法と比べて、流行株と一致したワクチンを迅速に、安全に製造できるという。

 アステラスは、中期経営計画で国内ワクチン事業の強化を打ち出している。

 UMN社は、アンメットメディカルニーズを満たす薬剤開発のために2004年に設立された創薬ベンチャー企業。インフルエンザワクチンや筋ジス優勝力ップ治しています薬などをパイプラインとして有している。

 (ロイター昼間の時間本語ニュース 清水 律坊主記者)


ドイツ、グラクソの新型インフルワクチン発注の半分を撤回する割合
仏政府の新型インフルワクチン発注取り消し、製薬会社に被害か
NYで大手金融機関にワクチン優先接類か、波紋拡散する
第一三共、抗インフル薬CS─8958の国内製造販売承認を申請
富士フイルム、インフル治しています薬「T―705」が臨床第3相テスト入り

アステラス、UMNファーマとワクチンの開発?販売で基本合意[??:内容2]

アステラス、UMNファーマとワクチンの開発?販売で基本合意[??:内容3]

アステラス、UMNファーマとワクチンの開発?販売で基本合意[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。