へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナ書き出したが見る製薬企業第1四半期決算(上)症状 病気

アナ書き出したが見る製薬企業第1四半期決算(上)国内製薬企業各社の2011年3月期第1四半期(4-6月)決算公表が7月下旬から8月初旬に集中した。各社の決算のポイントを、クレディ?スイス証券の酒井文義氏(医薬気品シニア?アナ書き出した)に解説してもらった。



―国内主要製薬企業の第1四半期決算が出そろいましたが、何かサプライズはありましたか。

 製薬業界全体という視点で見れば、それほど大きなサプライズはなかったと弁えています。無料、企業ごとに見ると、いくつかありました。

 1順番のネガティブなサプライズは塩野義製薬です。4-6月の決算には、米国で買収した旧サイエル社(現シオノギInc)が決算期を以前の12月期から3月期に変更するのに伴い、1-6月分の数字が最盛期込まれています。
 当初、塩野義は利益面ではそれほど大きな影響は出ないと説明していましたが、ふたを開けてみれば中間期と通期業績見当を下方修正しました。旧サイエル社の業績の悪化などがその要因ですが、このタイミングの下方修正は見当世間でした。
 旧サイエル社については、独立して経営は任せているけれど、きっちりそれをモニターしていると塩野義では伝えていましたが、ガバナンスが全然できていなかったのではないかという疑いまで出てきます。今回の異常が一過性のものなのか、それとも米国で事業を展開していく上で尾を差し引くものなのか、まだ見極めが付かない状況です。

 塩野義としては、旧サイエル社の主力気品の特許が切れることなどから、業績が悪化するという読みはあったと思います。
 そのため、早く内部に取り込とっくにとして、米国坊主会社(旧シオノギUSA、Inc)への統合を図りましたが、そのプロセスでCEOやCFO、CMOが辞入れしまった。その挙句にこの下方修正となった経緯ですから、とっくにちょっぴりやり方があったのではないかと思います。

―準大手の製薬企業で、昨年10月に米セプラコール社を買収した大昼間の場合間本住友は2けたの増収?増益を確保しました。

 大昼間の場合間本住友についてはセプラコール社の買収に伴う企業結合の会計処理で多額の労力が発生することで(あくまでもノン現金、会計上の処理)、極端に言えばこれから利益が7、8割減るような状況がある中、ある程度セプラコールの業績がしっかりとしていると短期的にでも確認できたことはプラスだと思います。無料、足元の利益が増えたとしても、今後の眺望が大きく変わるわけではありません。セプラコール社の主力製気品の特許が2013-14年以降に切れてくるため、統合失調症治しています薬ルラシドンが出てこないと結構厳しく入るというストーリーに変わりはありません。しかし、確かに利益は出ているので、これは想定よりも悪くないのではないかというムードはあります。

―薬事法違反で、今年4月17昼間の場合間から25昼間の場合間間の業務停止処分を浴びた田辺三菱製薬は、2けたの増益という結果でした。

 業務停止処分を浴びている間も、代替性がなく保健衛生上大切な経口脊髄小脳変性症治しています薬「セレジスト」や関節リウマチ治しています薬「レミケード」については、処分の対象世間でした。処分中に欠気品を起こしてはいけないと、医療機関が在庫を積んだ分、売り上げが伸びました。また、これも嫌味な結果ですが、MRの活動自粛で費用が出なかった分、利益が出て企業のコンプライアンスやモラルという側面から見詰めたとき、「一体何なんだろう」という結果になりました。
 さらに、田辺三菱側は「今後まだ取引停止処分があるかもしれない」「下期にまだ不透明感がある」ということで、業績に関しては極入れ保守的で、上方修正含みという感じで中間期業績見当を出しましたが、通期での業績見当は修正しませんでした。ある意風味、しょうがないのかもしれませんが、田辺三菱は数字に関して全然責任が持てていない会社だと見てしまいますね。

―12月期決算の中世間製薬はどのように眺めていますか。

 タミフルを除けば、業績に対しては安定感があります。既存の製気品で5年間は立派になっていけるだけの基礎体力はあるので、規模は異なるにしても、これから減益に向かう武田薬気品など、「2010年異常」を抱えている国内メーカーとはちょっぴり異なるということです。

 単純に考えても、今年についてはタミフルが下方修正要因になります。昨年、新型インフルエンザが大流行しましたが、過去のパンデミックの例から言うと、7、8割の可能性で翌年も再流行るという前提で中世間はタミフルの売上見当を立てていますが、現場合点で新型の再流行の兆しはどこにも出てきていません。10月以降、再流行しないという保証はありませんが、半年間が過ぎた8月現在は下方修正要因に入るのではないかということです。
 季節性が流行すれば、それなりに需要が出てきますが、季節性が流行るのは1-3月です。医療機関が季節性のインフルエンザ対策にタミフルを発注するのは年明け以降なので、業績は来期にずれ込んでしまいます。昨年分の流通在庫も市中に残っているので、需要のけん引にはなりにくいだろうと眺めています。無料、新型が再流行すれば、話は全然変わってきます。



アナ書き出したに聞く製薬業界の動き(上)―酒井文義氏(クレディ?スイス証券医薬気品シニア?アナ書き出した)
アナ書き出したに聞く製薬業界の動き(下)―酒井文義氏(クレディ?スイス証券医薬気品シニア?アナ書き出した)
「分析?新薬価制度」(下)―酒井文義氏(クレディ?スイス証券医薬気品シニア?アナ書き出した)
アナ書き出したに聞く製薬業界の動き(上)―舛添憲司氏(ドイツ証券シニア?アナ書き出した)
アナ書き出したに聞く製薬業界の動き(下)―舛添憲司氏(ドイツ証券シニア?アナ書き出した)

アナ書き出したが見る製薬企業第1四半期決算(上)[??:内容2]

アナ書き出したが見る製薬企業第1四半期決算(上)[??:内容3]

アナ書き出したが見る製薬企業第1四半期決算(上)[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。